建設中の外環道 シールドマシン2基とも停止 調布市内の陥没事故で 有識者会議開く

工期の遅れが心配されます。

Large 201019 gaikan 01
調布市内で発生した道路陥没の様子(画像:NEXCO東日本)。

 建設中の外環道(関越~東名区間)沿線で発生した道路陥没事故を受け、NEXCO東日本が2020年10月18日(日)から、トンネルを掘り抜くシールドマシンを停止しています。さらに、10月19日(月)15時から学識経験者による「東京外環トンネル施工等検討委員会」が開催されます。

 道路陥没は10月18日(日)12時30分ごろ、東京都調布市東つつじヶ丘2丁目付近で発生。大きさは5m×2.5m程度で、周辺住民には避難が呼び掛けられました。

 外環道は東名高速側と関越道側の双方から、NEXCO東日本が南行き本線となるトンネルを、NEXCO中日本が北行き本線となるトンネルをそれぞれ掘削しています。いずれも「大深度地下」と呼ばれる、地下40mより深いところに構築されているものです。今回は、NEXCO東日本が東名高速側から掘り進めている南行きトンネル近辺の地上で陥没が発生しました。

 NEXCO東日本によると、施工中のシールドトンネル工事との因果関係は不明ではあるものの、念のため、トンネル工事を中止したということです。

 またNEXCO中日本が東名高速側から掘り進めているトンネルは、当該箇所の700m手前(南側)を掘進中でしたが、同社東京支社によると10月19日(月)現在、こちらも今回の陥没を受け工事を停止しているといいます。

【了】

【写真】陥没箇所のアップ/地図

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

2件のコメント

  1. 上空をヘリが頻繁に行き交っていて空振がひどいです。

  2. 一日も早く、関越道・外環道・大泉ICから、中央道・東名高速に繋がって欲しいのはやまやまですが、
    途中経路の生活者の皆さんに、こんな迷惑を掛けたのでは、元も子もありません。とにかく、安全を第一に、開通時期が遅れるのも、これが原因ではやむを得ないでしょう。