スバル新車発表なぜJAL格納庫で?「レヴォーグ」と共に展示していた別のスバル製品とは

スバルの新車発表会が成田空港にあるJALの格納庫で行われました。格納庫のなかには現役のボーイング787型機の姿も。しかし単なる企業コラボではなく、実はバックにおかれた旅客機にもスバルのモノづくりが関係していました。

影の主役だったかも!? JALのボーイング787型機

 スバルは2020年10月15日(木)、新型「レヴォーグ」の発表会を、成田空港にあるJAL(日本航空)の格納庫で行いました。

 JALの格納庫で新車の発表会を実施したことについて、スバルは「数年前より、JAL様とはメディア向けイベントを共同で実施したり、レース車両の輸送を依頼する関係です」としていますが、それだけが理由ではないようです。実は発表会場には新型「レヴォーグ」以外にもスバル製品がありました。

Large 201019 subarujal 01

拡大画像

JALのボーイング787型機とスバル新型「レヴォーグ」(2020年10月、柘植優介撮影)。

 一緒に展示されていたボーイング787型ジェット旅客機。これは名称のとおりアメリカの航空機メーカーであるボーイングで製造されたものですが、その機体の70%近くは他メーカーが開発生産したパーツになります。こうしたサプライヤーのひとつとして、スバルはボーイング787型機に関与しているのです。

 ボーイング787にはスバル含め日本の数十社が関与しており、その分担割合は約35%。すなわちボーイング787型機の3分の1は日本製といえます。なかでもスバルは中央翼や主脚格納庫などの重要部分の生産を受け持っていることから、今回の新型「レヴォーグ」の発表会で用いられたといえるでしょう。

【写真】「空飛ぶ国民車」を目指して開発「エアロスバル」とは?

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント