ベーコンエッグと空の戦いの深~い関係 イギリス空軍での第2次大戦時の習わしとは

日本と同じく四周を海で囲まれた島国のイギリスは、2度の世界大戦ともドイツ軍の潜水艦によって海運が滞った経験を持っています。その影響は兵士の食べ物にも。ゆえにベーコンエッグが特別な意味を持つようになったそうです。

ベーコンエッグが大戦中に貴重になったワケ

 いまでは日本でも朝の定番メニューになりつつあるベーコンエッグ、好きな方もけっこういらっしゃるかもしれません。「イングリッシュ・ブレイクファースト」の名で知られるイギリスの朝食でも、ベーコンエッグは卵料理の定番メニューですが、同国では第2次世界大戦時、これをパイロットに対して出した場合、特別な意味がありました。

Large 201018 baconandeggs 01

拡大画像

第2次世界大戦中の1942年10月、アブロ「ランカスター」爆撃機の前を一列に並んで歩くイギリス空軍第106飛行中隊のクルー(画像:帝国戦争博物館/IWM)。

 そもそもイギリスは、20世紀初頭に起きた第1次世界大戦において、敵対するドイツのUボート(潜水艦)による海上輸送路の封鎖を仕掛けられたことで、外国からの食糧輸入が困難になり、厳しい食糧難を経験しました。

そのためイギリスは、1939(昭和14)年9月に第2次世界大戦が勃発すると、翌1940(昭和15)年には食糧の国家統制、すなわち配給に入ります。第1次世界大戦の時と同様に、敵対するドイツが再びUボートなどによる通商破壊戦を始めたからです。

 とうぜん国内の食糧生産は拡張されたものの、それでも卵や食肉用豚の増産は限界に達し、イギリス人にとって伝統的なポピュラーメニューのひとつだったベーコンエッグも、そう簡単には食べられなくなってしまいました。

【写真】戦士の休息 ベーコンエッグに舌鼓打つイギリス空軍兵士

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント