「日本最北の離島」救うドクターヘリ どこも運航できない場合は? 新型コロナは別対応

日本最北の離島「礼文島」。重篤な病気や怪我をしてしまった場合、海は患者の搬送を阻みます。そのような環境において患者の命を繋ぐためのリレーが行われています。

日本最北のドクターヘリ

 北方領土を除き日本最北に位置する礼文島と利尻島。ふたつの島には高度医療を提供できる総合病院はありません。そのため万一の際には北海道本島にある大規模病院の支援を仰ぐことになるのですが、その際に頼るのが旭川市の旭川赤十字病院を拠点にする道北ドクターヘリです。

「日本最北のドクターヘリ」との異名を持つ同機は、アメリカのマクダネル・ダグラス製MD902小型ヘリコプターを使い2009(平成21)年に運航を開始しています。

Large 201023 doctorheli 01

拡大画像

旭川赤十字病院が運航する「道北ドクターヘリ」のMD902小型ヘリコプター(画像:日本赤十字社旭川赤十字病院)。

 筆者(斎藤大乗:元自衛官ライター/僧侶)が住む礼文島において、ドクターヘリの要請を行えるのは診療所の医師です。医師がドクターヘリの要請を決心すると、速やかに出動要請と受け入れ病院の調整が行われます。

 出動が決まるとMD902ヘリコプターは5分ほどで旭川赤十字病院を離陸。途中、稚内市の南隣、豊富町にある豊富へリポートで給油を行ったのち、礼文島の場外離着陸場を目指します。

その間、礼文島では消防所職員により場外離着陸場に指定されている場所の整備をはじめます。冬季なら圧雪、それ以外の季節ならば砂埃を防止するための散水を実施します。そして到着したドクターヘリに患者を引き渡し、患者を乗せたヘリは、復路は無給油で旭川赤十字病院をはじめとした調整済みの各医療機関に搬送します。

【写真】北海道はでっかいどー 旭川と礼文島の位置関係がわかる地図

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント