大師線のヘッドマーク募集 元日から1500形に掲出 入選者には様々な賞品も 京急

全ての応募作品が川崎大師駅に展示されます。

Large 201106 kqhmd 01

拡大画像

京急1500形電車。2020年に入選した作品がヘッドマークとして掲出されている(画像:京急電鉄)。

 京急電鉄は、大師線の車両に2021年の元日から掲出するヘッドマークのデザインを、2020年11月9日(月)から11月23日(月・祝)まで募集します。

 入選する作品は2点です。採用されると2021年1月1日(金・祝)から2月3日(水)まで、大師線を走る1500形電車の前後に1点ずつ掲出されます。なお運行の都合上、掲出しない場合もあります。入選発表は2020年12月29日(火)、京急電鉄のウェブサイトで行われます。

 また入選者は同日、かつて大師線を走り現在は京急ミュージアム(横浜市西区)に保存されているデハ230形電車に、自らのヘッドマークを取り付けるイベントに招待されます。ほかにも賞品として、百貨店ギフトカード(3万円相当)や京急グッズの詰め合わせなどが贈呈されます。

 作品は、手書きの場合は所定の応募用紙で、デジタルデータの場合はCD-Rで、それぞれ郵送します。画材は問われません。デザインには「西暦(2021)」「干支(丑)」「川崎大師」の文字を入れることが条件です。

 応募された作品は入選分も含め、2020年12月30日(水)から翌2021年2月3日(水)18時まで、川崎大師駅(川崎市川崎区)構内に展示されます。

【了】

【画像】2020年の入選作品2点

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント