東京の地下「世界最大規模の自転車置き場」がスゴイ! 圧倒的台数の「自転車の木」

立体駐車場を駐輪場にリノベーションしたケースも

 江戸川区はその後、一之江、平井など区内のほかの駅でもサイクルツリーを整備しています。そのシステムを提供するJFEエンジニアリングによると、サイクルツリーは2020年現在で全国29か所、110基が設置されており、収容台数は2万2000台に上るといいます。

 地下だけでなく、建屋を整備したうえでの地上型や、ビルに組み込む形も存在。立川駅前など、利用が少なくなった駅前の機械式駐車場をサイクルツリーに、つまり駐輪場へ生まれ変わらせたところもあります。

Large 201112 kasai 02

拡大画像

サイクルツリー内部。円筒形タイプの例(画像:JFEエンジニアリング)。

 葛西駅前の場合、サイクルツリーは定期利用の自転車向けです。ただ江戸川区によると近年、大型モデルや一部の子乗せ自転車など、機械式に入らない自転車が増えているとのこと。そうした自転車のために用意されている定期用の平置きスペースは、一部キャンセル待ちが発生しているそうです。

【了】

【画像】まるで自転車のための地下神殿 葛西駅前駐輪場の構造

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント