「高輪築堤」保存公開を検討へ 鉄道黎明期の土木技術伝える遺構出土 見学会も計画

調査が進められています。

Large 201202 jretknw 01
出土した築堤の一部(画像:JR東日本)。

 JR東日本は2020年12月2日(水)、東京都港区内で進めている「品川開発プロジェクト」の工事現場で、「高輪築堤」の一部とみられる構造物が出土したと発表しました。

 高輪築堤は、およそ150年前の明治初期、鉄道を敷設するために海上に構築した石積みの構造物です。近代日本の発展に寄与した鉄道の歴史や、当時の土木技術を伝えるものです。2019年4月、品川駅の改良工事で石積みの一部が見つかり、2020年7月には高輪築堤の一部とみられる構造物が見つかったといいます。

 JR東日本によると現在、港区教育委員会などの関係者と協議・調査を進めており、築堤の一部現地保存や移築保存を通じた公開展示などを検討中。さらに周辺地域を含めた歴史・文化を学べるプログラムの検討や、一般向け見学会の計画も進めているということです。

【了】

【地図】出土した築堤の位置

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. 桜木町側には地中に埋まっていないんですかね?それとももう調査済みとか?