なぜあった? 50年前の池袋西武に超本格的ヘリポート お歳暮は「ベルちゃん」で即日配送

高度経済成長期、垂直離着陸できるヘリコプターは次世代の交通機関として注目されます。そのころ、池袋駅に隣接して建つ西武百貨店に管制塔も備えた本格的なヘリポートが開設され、「ヘリでお歳暮輸送」も行われました。

4年間だけあった百貨店屋上の本格的ヘリポート

 JRと西武池袋線、東武東上線、東京メトロが乗り入れる都心の一大ターミナル、池袋駅。1日平均で約56万人の乗降客数を誇る日本屈指のターミナル駅です(2019年JR東日本調べ)。

そのようなターミナル駅にあり、多くの来客で賑わう西武百貨店(西武池袋本店)の屋上には、人気の讃岐うどん店のほかフードコートや、緑豊かな庭園が設けられ、いわば都会のオアシスとなっていますが、その昔、ここからヘリコプターが飛び立っていました。

Large 201202 seibu 01

拡大画像

現在の西武池袋本店(画像:写真AC)。

 いまから50年以上前、わずか4年間だけですが、ここには当時「世界最大の屋上ヘリポート」と宣伝された「西部スカイステーション」がありました。なぜ都会のデパート屋上にヘリポートが作られたのでしょう。

 オープンは1959(昭和34)年9月12日。西武グループ創業者の故堤 康次郎氏も出席して行われた式典では、約400人が見守る中、着陸したベル47から降り立った神主がお祓いをし、益谷秀次副総理(当時)がテープカットを行い、海上自衛隊や在日アメリカ軍、大洋漁業(現・マルハニチロ)や新聞社といった、さまざまなヘリコプターが編隊で祝賀飛行する大がかりなものでした。

【写真】ヘリポートあった! 1960年代前半の西武百貨店屋上

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. お歳暮をどのように送り届けたのでしょうね?送り先に連絡しておいて近隣の路上に投下とか?中国あたりではドローンによる配送も研究されているようですが東京では禁止ですね。
     サンパウロでは車だと強盗に遭うのでエグゼクティブは自邸からヘリで会社に向かうんだとか。本当ですかね?