防衛省 次期戦闘機「F-X」開発のパートナー企業にロッキード・マーチンを選定

国産戦闘機「F-3」は生まれるのか!?

 防衛省は2020年12月18日(金)、次期戦闘機(F-X)の開発にあたり、アメリカのロッキード・マーチン(LM)をインテグレーション支援の候補企業として選定したと発表しました。

Large 201218 fx 01

拡大画像

防衛省が発表した次期戦闘機(F-X)のイメージ(画像:防衛省)。

 次期戦闘機については、開発リスクの低減という観点から、外国企業の支援を受けることを当初から予定していました。外国企業の支援を受けるのは以下の3点です。

・ミッション・システム・インテグレーション
・運動性能とステルス性の両立
・コンピューター・シミュレーションを駆使した設計作業

 これら技術分野に関する支援を行う企業として、本年11月より、BAEシステムズ、ボーイング、そしてロッキード・マーチンの3社から提携先の選定が進められ、そのなかで将来戦に対応しうる、いわゆる第5世代戦闘機の開発に豊富な経験を有する企業として、ロッキード・マーチンが最も優れていると判断したといいます。

 すでに今年10月、防衛省は三菱重工とF-Xに関する契約を結んでおり、今後は同社とロッキード・マーチンの契約締結に向けた協議を進めるとともに、ロッキード・マーチンについては輸出許可を取得するため、アメリカ政府との調整を進めていくことになります。

 ロッキード・マーチンは、F-22「ラプター」やF-35「ライトニングII」といった第5世代戦闘機の開発・生産にあたっているほか、F-16「ファイティング・ファルコン」戦闘機のアップグレードおよび生産輸出も手掛けています。

 さらに日米共同開発のF-2戦闘機で、三菱重工と協業した実績を有しています。

【了】

【写真】近年ロッキード・マーチンが手掛けた戦闘機たち

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント