2020年羽田空港に出現の「レア飛行機」たち コロナ禍も反映 でも機種も塗装も珍しい!

五輪イヤー、そして新型コロナ禍と目まぐるしい変化のあった2020年。羽田空港には、その世相を反映した飛行機が飛来しました。白ずくめ「ジャンボ」やマスク姿のエアバス機など、大小さまざまな「羽田空港に来た珍しい飛行機」を見ていきます。

2月に飛来「窓なし貨物ジャンボ」が人乗せた

 2020年は本来、東京オリンピック・パラリンピックが開催される、まさに「五輪イヤー」になるはずでしたが、新型コロナウイルスの感染拡大が世界中に大きな影響を及ぼしたことで、街の空気は大きく変わってしまいました。結果、羽田に現れた飛行機も、その世相を色濃く受けたものとなりました。

Large 201224 hnd 01
羽田空港。写真は2020年1月のもの(2020年1月、乗りものニュース編集部撮影)。

 新型コロナウイルスの影響が出始めた2月17日、同空港に現れたのは2機の「ジャンボジェット」ことボーイング747型機。ともに窓のない貨物専用機で、片方は白ベースに赤と金のラインが入っていたもの、そしてもう1機は真っ白な胴体のもの。2機とも成田空港ではよく見かけることはありますが、羽田空港で見ることは珍しい「ジャンボ」でした。

 これらを飛ばしていたのは、アメリカの貨物専用航空会社であるカリッタ航空。新型コロナウイルス集団感染が確認されたクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」に乗船していたアメリカ人旅客を救援するためのチャーター機だったといいます。このフライトでは、貨物専用機に仮設の座席を配し乗客を乗せて運航するという、羽田空港では珍しい運用をとっていました。

コロナ禍で話題に! JALの「超わかりづらい」位置のアマビエ塗装

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. JALの国内線で「本日は国際線機材なのでWifi使えません」が増えた気がします。(運悪く当たってるだけかも知れないけど・・・)

    おまけに国際線機材だからゲームできるかと思えば出来ない、テレビ付いてるのに何も見れない・・・