アメリカ大統領 専用ヘリも“交代”間近 40年選手「マリーン・ワン」VH-3 更新遅れた理由

2021年、アメリカ合衆国の大統領がバイデン氏に交代し、年末には大統領の執務に大きく関係する大統領専用ヘリコプターについても新旧の交代が予定されています。新型はどのような機体で、何が変わるのでしょうか。

新「マリーン・ワン」2021年末より運用開始

 2021年1月20日(現地時間)、アメリカ合衆国の首都ワシントンで、バイデン新大統領の就任式が開催されました。これに先立ち、数時間前にトランプ前大統領は大統領専用ヘリコプター、通称「マリーン・ワン」でホワイトハウスを後にしましたが、このとき乗り込んだ機体も、トランプ前大統領と同様、2021年中にその任を解かれる予定になっています。

 どういうことかというと、トランプ前大統領のみならず歴代の大統領が乗った専用ヘリVH-3Dも更新時期を迎えたということで、年内には新型の高性能機が“就任”する予定です。

Large 210201 marineone 01

拡大画像

2017年12月、大統領専用ヘリ「マリーン・ワン」から降り、大統領専用機「エアフォース・ワン」へ向け歩くトランプ前大統領(画像:アメリカ空軍)。

 トランプ前大統領が乗り込んだ大統領専用ヘリコプターは「VH-3D」と呼ばれる機体です。原型はシコルスキーが開発したSH-3「シーキング」ヘリコプターを改造したもので、1970年代後半に11機が製作されました。

 すでに40年以上運用しているため、老朽化が進んでおり、ゆえに2000年代初頭より後継機の導入が検討されています。では、なぜそれから10年以上も機体の更新に時間がかかってしまったのか、それは後継機の機種選定がいったんは決まったものの、さまざまな問題によって仕切り直しになったからです。

 後継機は2005(平成17)年1月、いったんはロッキード・マーチン率いる企業連合が推す、アグスタウエストランドAW101がベースの改造機を採用することに決まりました。これはロッキード・マーチンVH-71「ケストレル」という名称で2007(平成19)年7月に初飛行に成功したものの、開発遅延やコスト超過、技術的問題などから2009(平成21)年6月にキャンセルされます。

 こうして、機種選定がやり直された結果、2014(平成26)年5月にシコルスキーS-92の改造機が改めて選定されました。ここから各種テスト用の実証試作機が造られ、2017(平成29)年7月28日に初飛行、そしてフライトシミュレーターの製作などが行われた結果、機種更新は2021年にずれ込んだのです。

【写真】「マリーン・ワン」そっくりの塗装が施された「オスプレイ」

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. バイデン搭乗させて墜落してくれりゃ大快挙