いまや空飛ぶ骨董品 1機の「ダグラスDC-8」が“救世主”に!? 機齢51年、胸熱の「再就職」

ジェット旅客機草創期の旅客機ダグラスDC-8は、デビューから60年以上たった現在、現役のものはごく少数です。ただ、そのうち1機は「ピンチを救うヒーロー」としていまも現役。どういった経緯を持つ機体なのでしょうか。

JALでは初のジェット旅客機に…

 ジェット旅客機草創期に、アメリカにかつてあった大手航空機メーカー、ダグラス・エアクラフト社(現ボーイング社)が初めて世に出したジェット旅客機が「DC-8」です。航空会社でデビューしたのは1959(昭和34)年で、いわゆるボーイング初のジェット旅客機「707」などと同じ、「第1世代」のジェット機にあたります。

Large 210220 d8 01

拡大画像

「サマリタンズ・パース」のDC-8(画像:NASA Photo/Lauren Hughes)。

 DC-8はいくつものタイプが製造されたものの、シリーズを通して、4発エンジンを搭載していることや、ひと際細いスリムな胴体を持っていることが特徴です。その儚げともいえる姿から、DC-8を主力機のひとつとしていたJAL(日本航空)では、同モデルに「空の貴婦人」というニックネームがつけられました。ちなみに、JALが初めてDC-8を導入したのは1960(昭和35)年で、これは同社が初めて導入したジェット旅客機。「ジャンボ」ことボーイング747が導入されるまでのフラッグシップでした。

 ただ、2021年現在、双発機が世界中の空で主力となっているなか、DC-8のほとんどがその役目を終えています。先述のJALでも、1988(昭和63)年に退役済みです。ところが、そのなかには「ピンチを救うヒーロー」として“転生”した機体が存在します。

【アナログ計器超萌える】NASAの「DC-8」のコックピット

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

  • 「最新の運行情報はありません」

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

3件のコメント

  1. なんだ宗教か、と思いかけたけどそういうことなら大歓迎です。

  2. ローマ字読めませんか?
    サンタマリアではなく、聖書にあるサマリタン(サマリア人)です。

    • 乗りものニュース編集部です。

      このたびはご指摘をいただき、誠にありがとうございます。
      修正いたしました。

      これからも変わらぬご愛顧を賜りますよう、
      何卒よろしくお願い申し上げます。