山形県全域をカバー 2022年春から山交バス・庄内交通全路線で交通系ICカード利用OKに

山形市コミュニティバスでも一部OKに!

Suicaと同等のサービスが利用可能に

Large 210309 ymgtic 01

拡大画像

山形駅前(画像:写真AC)。

 JR東日本と山交バス、庄内交通が2021年3月9日(火)、山形県内全域で「地域連携ICカード」を利用したサービスの提供を、翌2022年の春ごろに始めると発表しました。

 地域連携ICカードは、山交バスと庄内交通が運行するバスの乗車券や定期券などの利用に加え、電子マネーといったJR東日本のSuicaサービスも利用できます。Suicaと相互利用可能な他の交通系ICカードも利用でき、またそれらのカードのサービスエリアでも地域連携ICカードが使えます。

 山形県内の対象路線は、上記2バス会社が運行する乗合バス全路線と山形市コミュニティバス東部および西部循環線(ベニちゃんバス)。県内全域をカバーする形で、複数の民間バス事業者が一斉に交通系ICカードを導入するのは全国初のことです。

【了】

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント