カラフルすぎる!? 欧州に新航空会社爆誕へ 客室も独自路線 「東京線就航」も視野に

もはやサイケデリック…。

A350にプレエコのみ251席

 イギリスに本社を構える新興航空会社「PRAGUSA.ONE」が、就航に向け動き始めているようです。すでに公式ホームページも開設されており、機体のデザインや路線ネットワークなども公開されています。

Large 210310 prgs 01
「PRAGUSA.ONE」のエアバスA350型機のイメージ(画像:PRAGUSA.ONE)。

 公式ホームページによると、就航拠点はプラハ(チェコ)と、ドゥブロブニク(クロアチア)の2か所。ここからニューヨークやシンガポールといったネットワークを構築するとみられ、このなかには日本の首都「TOKYO」が含まれています。

 使用する飛行機は、エアバスA330とA350を用いるとのこと。機体は、緑のエンジンカバー、7色の尾翼、白ベースながら胴体前方にカラフルな塗装があしらわれたデザインとなっています。

 なお、イギリスを拠点とする国際航空メディア「Simple Flying」によると、A350の場合座席数は251。これらは全席、標準的なエコノミークラスより豪華な座席が備わった「プレミアムエコノミー」が用いられるそうです。

【了】

※誤字を修正しました(3月10日19時50分)。

【ちなみに】流行りの「プレエコ」はどれくらい豪華なの?

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. 振興航空会社じゃなくて、新興航空会社。