「自動運転バスのある暮らし」どんなものに? ウィラー池袋で初実証 フード配達も

ウィラーが都市部初となる自動運転バスの実証運行を、東京・池袋で始めました。将来的には同地域内を走る「IKEBUS」との連携や、フードデリバリーサービスもこのバスで行っていくそうです。

旅客だけでなくフードデリバリーも

 ウィラーが2021年3月10日(水)から16日(火)まで、東京・東池袋の防災公園「IKE・SUNPARK」周辺にて自動運転バスの公道実証を行います。その車両やサービスが同日、報道陣へ公開されました。

 同社はすでに、関西のけいはんな学研都市(関西文化学術研究都市)で自動運転バスの公道実証実験を行っているほか、シンガポールでは、自動運転バス2路線の商業運行を実現しています。今回は同社で初となる、日本の都市部での実証です。

Large 210310 willer 01

拡大画像

ウィラーの自動運転バス。後ろの赤い車両は同じくウィラーが運行する「IKEBUS」(2021年3月10日、中島洋平撮影)。

 今回の実証実験ならではの特徴のひとつが、ウィラーの統合型スマートフォンアプリ「Willer」アプリを通じた既存公共交通と自動運転バスの複合検索です。地図上で起終点を入力すると、ウィラーが池袋周辺で運行する小型巡回バス「IKEBUS」との乗り継ぎを想定したコースが提示されます。地元の豊島区としても、これによる回遊性の向上を目指しているとのこと。

 また旅客輸送とともに、フードデリバリーなどのサービスも、この自動運転バスで行う想定です。利用者がアプリ上で届け先とメニューを指定すると、出来上がった料理を店まで自動運転バスが取りにきます。店員が車内のデリバリーボックスに料理を入れてバスが出発、利用者のもとへ到着すると、利用者自らがボックスから料理を取り出すというものです。

 今回は関係者を対象に、フードデリバリーのサービスを体験してもらうとのこと。このような生活サービスの実用性や事業性も含め、「走行するエリアのニーズや目的に合わせた新たな移動サービスとしての有効性を検証すること」が実証実験の目的だといいます。

 ただ、将来的には旅客とともに無人でフードも運ぶわけですから、そのあいだにフードが食べられてしまうことも考えられます。これには将来的に、利用者でないと開けられないキーのようなものを導入ることも考えられるということでした。

【ギャラリー】池袋の街を走る自動運転バス 一部始終

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント