少数精鋭 全国を飛び回る超多忙部隊 入間にしかない「飛行点検隊」のお仕事とは

航空自衛隊からYS-11FCが姿を消します。同機は入間基地にある飛行点検隊で運用されていた飛行点検機。いったいどんな任務を帯びていたのか、後継はどんな機体なのか見てきました。

FC=飛行点検 どんなお仕事?

 航空自衛隊入間基地で2021年3月26日(金)、飛行点検隊のYS-11FC退役に伴う機種更新記念式典が実施されました。式典に先立ち、3月17日(水)には運用終了に伴うラストフライトが行われており、今回の式典を無事終えたことで、自衛隊の現有装備からも完全に退いたといえるでしょう。

Large 210326 fc 01

拡大画像

飛行点検隊の格納庫内で行われたYS-11FC退役に伴う機種更新記念式典の様子(2021年3月26日、柘植優介撮影)。

 YS-11FCがこれまで担ってきた任務は、「飛行点検」と呼ばれるものです。飛行場やその周辺には、航空機が安全にフライトできるよう離着陸などを支援するための航空保安無線施設が配置されています。これらが必要な機能を保持し、かつ正常に動いているか、実際に上空を飛んで評価・判定するのが飛行点検機の役割です。

 飛行点検隊は、そのための専用機であるYS-11FCを始めとした「飛行点検機」を運用する専門部隊です。なお陸上自衛隊や海上自衛隊には飛行点検を実施する部隊は存在しません。航空自衛隊の飛行点検隊が、全国の防衛省管理下にある42基地163施設の航空保安無線施設すべてを一手に担っています。そのため、年間の飛行点検回数は約300回にも及ぶそうです。

 ちなみに日本で飛行点検機を運用しているのは、航空自衛隊以外に国土交通省航空局もあります。後者は民間空港等を受け持っているため、航空自衛隊は防衛省の管理下にある自衛隊施設のみを担当しています。

【写真】YS-11FCの後継U-680A 最新鋭機の機内は?

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. 目立つことのなく少数精鋭だが、この人たちがいるおかげで日本の空を守る戦闘機を守っている。ありがとうございます。