「伊予灘ものがたり」2022年春に3両化&リニューアル 引退までの本年はイベント実施

車両がキハ185系になります!

列車名は引き継がれる

Large 210329 kseit 01

拡大画像

キハ47形ディーゼルカーを改造し、キロ47形とした観光列車「伊予灘ものがたり」(画像:写真AC)。

 JR四国が土休日を中心に、2014(平成26)年7月より予讃線(松山~伊予大洲・八幡浜)で運行してきた観光列車「伊予灘ものがたり」が、2021年12月に引退します。これに伴い本年を「伊予灘ものがたりラストランイヤー」とし、様々なイベントが開催されます。

 詳細は都度、JR四国のウェブサイトや公式SNSなどで告知されますが、例えばオリジナル乗車記念証の贈呈、ラストランツアーの実施、オリジナルロゴ作成などです。

 また「伊予灘ものがたり」は2022年春にリニューアルされます。現在はキロ47形ディーゼルカー2両編成で運行されていますが、来年からはキハ185系ディーゼルカー3両編成となります。車両の外観や内装などは従来通り、JR四国の社員がデザインする予定です。同社は「上質なワンランク上のサービスを提供」するとしています。

 列車名称や運行区間、運行日は今までと変わりません。詳細は決定次第、告知されます。

【了】

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. キロハ復活?! 全室G車でしょうよね…