龍馬クロフネソラフネ JR四国の新観光列車「志国土佐 時代の夜明けのものがたり」完成

高知を走るJR四国 土讃線の新観光列車「志国土佐 時代(トキ)の夜明けのものがたり」、その車両が完成。1号車「KUROFUNE(クロフネ)」、2号車「SORAFUNE(ソラフネ)」からなる、文明開化や未来を感じるキハ185系ディーゼルカー2両編成です。

「志国土佐 時代の夜明けのものがたり」は「クロフネ」「ソラフネ」の2両編成

 JR四国の新しい観光列車「志国土佐 時代(トキ)の夜明けのものがたり」が2020年4月18日(土)にデビューします。これに先駆け2月21日(金)、同社の多度津工場(香川県多度津町)で、完成した車両が報道機関に公開されました。

Large 200221 shikoku 01

拡大画像

高知県内を走る新たな観光列車「志国土佐 時代の夜明けのものがたり」(2020年2月21日、恵 知仁撮影)。

「志国土佐 時代の夜明けのものがたり」は、「伊予灘ものがたり」「四国まんなか千年ものがたり」に続く3本目の「ものがたり列車」として、土讃線の高知~窪川間で運転を開始します。これで四国各県に「ものがたり列車」が走ることになり、JR四国の半井真司社長は「乗り比べて、四国のよさを感じていただければ」と話します。

 車両は既存のキハ185系ディーゼルカー2両を改造しました。コンセプトは「文明開化ロマンティシズム」。車両の前面は、太陽、船の舵、坂本家(龍馬)の家紋を模した「組あい角」、「時代(トキ)」を刻む時計をモチーフにしたヘッドマークがあしらわれます。

新観光列車「志国土佐 時代の夜明けのものがたり」を写真でチェック!

 
    
 
    

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント