「ザ・777」さらば! ANAの777-300ER「JA777A」離日 国際線で約15年

「ミスター(ミス)トリプルセブン」といえるでしょう!

21日9時過ぎにホノルルへ

 ANA(全日空)で運用されていたボーイング777-300ER「JA777A」が2021年4月21日(水)午前9時ごろ、退役にともなうフェリーフライト(回送飛行)のため羽田空港を離陸。NH9432便としてホノルルに向かっています。

Large 777 01r

拡大画像

ANAのボーイング777-300ER「JA777A」(画像:Alan Wilson[CC BY-SA〈https://bit.ly/3x5hKia〉])。

 JA777Aは2006(平成18)年にANAで運航をスタート。おもに国際線主力機として約15年間活躍しました。自動車で言えばナンバープレートにあたる機体番号は「JA777A」で、機体のモデル名も「ボーイング777」。まさに「777」づくしの珍しい機体でした。

 航空機追跡サイト「フライトレーダー24」によると、最後の定期旅客便運航は、3月29日(月)のロサンゼルス発羽田行きのNH125便で、その後約1ヶ月フライトはありませんでした。

 ちなみにJA777Aは、これまで平時の国際線運航のほか、新型コロナウイルス感染拡大下である2020年にANAが公式YouTube上に掲載した、同社パイロットによる自主企画動画「青いつばさの世界 〜おうちで航空教室〜第1弾」にもデモ機として出演しています。

【了】

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント