ANAのずんぐりむっくり「737-700」 ラストフライトは6月27日! 16年の歴史に幕

2005年から使用されてきました。

27日のNH654便がラスト

Large 210609 737 01

拡大画像

ANAのボーイング737-700(乗りものニュース編集部撮影)。

 ANA(全日空)から2021年6月をもって全機退役が予定されているボーイング737-700型機。この定期便のラストフライトが判明しました。

 ANAの737-700型機のラストフライトは、6月27日(日)の岡山発羽田行きのNH654便。午前9時25分に岡山空港を出発し、10時45分に羽田空港に到着する予定です(9日時点。今後変更の可能性あり)。

 ANAでは、2005(平成17)年に737-700を導入。2021年現在、ANAの小型主力機のひとつである「737-800」と姉妹機にあたりますが、-800より全長が約6m短くなっており、ずんぐりむっくりとした胴体が特徴です。

 現在ANAに残る737-700は「JA05AN」「JA06AN」の2機。退役に先立って、5月から胴体最前方部に、退役記念のデカールが貼られています。

【了】

【懐かしい】ANAの737-700に施された「ゴージャス特別塗装」

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. B737-700は全日空がローンチなんで特別な思いがあったはずだ。