【空から撮った鉄道】記事では2年ぶり 2021年の大阪環状線を撮る

大阪環状線は2019年11月23日に配信の「山手線とはちょっと雰囲気が異なる大阪環状線 足掛け5年の撮影記録」で紹介しました。その約2年後の2021年5月3日に大阪を空撮。再び大阪環状線を紹介します。大きく異なるのはオレンジ色の車両がいないことです。

この記事の目次

・航空機の減便で中断なく撮影
・環状線の外回りに沿って
・大正駅から再スタート

【画像枚数】全22枚

航空機の減便で中断なく撮影

 2021年5月3日。約2年ぶりとなる大阪空撮を実施しました。空撮していて全体的に感じたのは、コロナ禍の緊急事態宣言中につき、一部の公園を除いて街の人通りは少なかったことです。大阪環状線も「【空から撮った鉄道】山手線とはちょっと雰囲気が異なる大阪環状線 足掛け5年の撮影記録」の記事配信から2年ぶりです。車両が323系に統一され、オレンジ色の103系や201系は既にいません。

 大阪環状線は、ほとんどのエリアが伊丹空港の管制圏内に入っており、着陸機が近づくたびに現場を離れて待機することが多いです。しかし着陸便がコロナ禍の影響で減便されたため、本来は便数が多い昼前なのに、旅客機の飛来がほとんどありません。途中で中断することなく、ぐるっと一周まとめての空撮が実施できました。このような事態は初めてです。コロナ禍ならではの現象といえましょうか。

Large 210619 osaka 01

拡大画像

大阪環状線の起点でもあり終点でもある大阪駅。ホーム中央部を覆う大きな屋根がひときわ目立つ。南側では「大阪梅田ツインタワーズ・サウス」が建築中で、駅前の光景はいまなお変化している(2021年5月3日、吉永陽一撮影)。

 今回は様々な撮影を盛り込んだため、大阪環状線に割り当てた撮影時間は30分くらいです。結果的には色々と寄り道したので50分くらいになりましたが、山手線が1時間半かかったことを思うと、あらためて大阪環状線のほうがコンパクトなのだなと分かります。

環状線の外回りに沿って

 スタートは大阪駅です。そこから外回りで回っていき、大阪駅の手前までと考えました。通常だと、隣の天満駅や桜ノ宮駅などは伊丹着陸ルートと重なり、断続的に飛来する着陸機のため、なかなかすんなりと撮影できません。今回は着陸機がまとまって来ない時間帯を狙ったので、とくに何もなく撮影できました。前日に担当パイロットと欠航便を照らし合わせ、どの時間帯だと着陸機が無いのか整理していました。その地味な作業をやることで、当日この時間帯ならば大丈夫と、行程を組み直して挑んだわけです(もちろん、事前に関係各所へ申請済み)。

Large 210619 osaka 02

拡大画像

南西(西九条・神戸)側から見た大阪駅。京都方面へ向かう225系が8番線に進入する(2021年5月3日、吉永陽一撮影)。

 天満駅と桜ノ宮駅は、残念ながらちょうど電車が通らなかったものの、駅の紹介として撮るため、あえて電車待ちはしません。タイトなスケジュールだったために、時間を優先させました。

Large 210619 osaka 03

拡大画像

天満駅。駅南側に高層マンションがそびえ、北側には倉庫街が広がる。画面左側に見える通りは天神橋筋である(2021年5月3日、吉永陽一撮影)。

残り1855文字

この続きは有料会員登録をすると読むことができます。

2週間無料で登録する

Writer: 吉永陽一(写真作家)

1977年、東京都生まれ。大阪芸術大学写真学科卒業後、建築模型製作会社スタッフを経て空撮会社へ。フリーランスとして空撮のキャリアを積む。10数年前から長年の憧れであった鉄道空撮に取り組み、2011年の初個展「空鉄(そらてつ)」を皮切りに、個展や書籍などで数々の空撮鉄道写真を発表。「空鉄」で注目を集め、鉄道空撮はライフワークとしている。空撮はもとより旅や鉄道などの紀行取材も行い、陸空で活躍。

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」