はかた号=「キングオブ“深夜”バス」じゃないんだよなあ… 「夜行」バスとの違い

「夜行バス」「深夜バス」「深夜急行バス」、夜間に走る3つのタイプの路線バスには、それぞれ明確な違いがあります。それだけに、西鉄「はかた号」の異名「キングオブ深夜バス」には、ちょっとモヤモヤする部分もあります。

車内で夜を明かすのが「夜行」

 都市間を結んで走る高速バスのうち、夜に出発し、翌朝、目的地へ到着する便が「夜行高速バス」と呼ばれます。寝ている間に移動できて効率的なことや、格安タイプから個室型の高級タイプまで多様な座席を選択できることなどから、特に若年層の帰省や旅行などで人気です。

 毎日約1万5000便(新型コロナウイルス感染症拡大前のデータ。以下同じ)が運行される高速バスのうち、1割強が夜行高速バスです。片道300~400km程度の東京~仙台線や名古屋線、大阪~広島線などは、夜行便と昼行便の両方が走り、それ以上の距離となると、ほとんどが夜行便です。逆に、おおむね300km以下の路線だとほぼすべて昼行便です。

Large 210628 yakou 01
西鉄の新宿~福岡線「はかた号」。2021年6月現在は新型コロナの影響で運休中(画像:西日本鉄道)。

 夜間に走る高速バスすべてを夜行と呼ぶかというと、そうではありません。福島県や長野県と東京、熊本県と福岡を結ぶ路線などでは、地方側からの始発便の発車時刻は早朝4時台、都市側からの最終便は22時台という便が見られます。地方から都市への出張や、国際空港の利用といったニーズに応えるものです。

 ただ、これらの路線は所要時間が2~4時間程度で、日中は30分間隔など高頻度で運行されています。4時台に発車して7時台に到着する便、22時台に発車して25時台に到着するような便は、「早朝の始発便」「夜遅い最終便」という位置づけで、夜行便とは呼ばれません。

 これらの便の乗客は、車内でうたた寝くらいはするでしょうが、乗車の前後に自宅などで睡眠しているはずです。早起きして早朝便に乗車する、あるいは深夜の便で帰宅してから寝るというパターンです。逆にいうと「夜行」と呼ばれる便には、「車内で夜を明かす」という意味があると言えるでしょう。

 高速バス以外でも、旅行会社のパッケージツアーで、夜に集合し、貸切バスを使って翌朝までに目的地に着くコースがあります。スキーツアーや登山ツアーが代表格で、これらも「夜行バス」「夜行ツアー」などと呼ばれます。

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

11件のコメント

  1. 旧はかた号エアロキング(MU66JS)で下松SAからから関門橋を渡る辺りは昼便性があって楽しかったな。
    特に二階Pシート左側を押さえたっけな
    映画放映とか楽しかったな、中央道経由も何気にマニアックだしw
    因みに新はかた号は未だに乗れてないな
    何時か利用したい。

  2. 夜行と深夜の違いっても、わざわざ言葉の揚げ足取るような記事を書かなくても・・・
    よほどネタがないのかな。編集長さん今一度記事の内容精査したら?

  3. この記事はなに?
    オタクの言葉の定義の話ですか?

    法令的な定義はないと言いながら
    一方を否定するような記事載せるとか
    どう言うことかと思って読んで後悔。

  4. やっとこんな記事が出て嬉しく思います。
    『深夜バス』と呼べる物には定義が合って夜行バスは深夜バスに当たらないって言ってるのに
    藩士の皆さんは頑なに拒み続けるけど世間的には常識がないって事に気付いていただきたいですね

  5. かつて、WC休憩があるか否か(全く無いと信じ込んでいた)事前に知るすべを思いつかなかったために、WCの無い長距離バスには長い間乗ったことがなかった。

  6. この記事書いた人は水どう知らない人かな?
    キングオブ深夜バスって言ってるのは水どう藩士だし、藩士はちゃんとわかってて「深夜バス」言ってる。

  7. ありがとうございます。ただ、はかた号は現在は「当面のあいだ」運休中(西鉄のホームページ提供)。「当面のあいだ」だから実質的に永久に運休(「当面のあいだ」とは当面以降を正式化する為の暫定期間であり、いつかは元に戻ると言う意味ではない)。つまり、廃止の可能性極めて高い。仮に僅かな可能性でも、運行が再開すれば、将来的にエアロクイーンの折戸タイプ(車両メーカーのふそうによると、エアロエースだけではなくエアロクイーンにも折戸タイプを導入することを発表)を導入かも…(ただ、現在運休前に導入した最新エアロクイーンは導入してまだ期間が短いので、しばらくはその車両で賄えるのでないかと思う。ちなみエアロエースには既に名鉄バスで折戸タイプを導入し始めたが、西鉄も数年後にはエアロエースも折戸タイプが急増殖する可能性は極めて高いと思う[セレガ/ガーラは初期の頃はスイングタイプを導入していたが、現在では殆ど大半が折戸タイプでの導入になっている。])。

    • このコメント(自分のコメント)について補足とお詫びです。ふそうの公式サイトで確認したところ、折戸タイプは標準尺(12メートル)のエアロエース(ハイデッカー)のみであり、スーパーハイデッカーのエアロクイーンやエースであってもMMタイプ(短尺9メートルショートタイプ)での導入はなく、これまでどおりスイングタイプのみであります。よって、自分の記事に誤りがありました。お詫び申し上げます。

  8. 「みなのども」って言ってるのを「みなのもの」が正しいですよと訂正するような感じですかね。

  9. この筆者はケツの肉が取れる夢でも見た方がいいんじゃないw

  10. 下りはまだしも上りにおいて新宿手前に停留所増設すべき。理由としては乗客による渋滞回避ができる。それと関東在住者においては帰る方向でもあり真の目的地が新宿でないのが大半。一番良いのが東名江田バス停。理由としてはあざみ野駅まで徒歩10分程度であり横浜の繁華街へ向かうにはベスト。