ステルス戦闘機を採用 スイス「F-35プログラム」15番目の参加国へ

フィンランドの次期戦闘機選定にも影響を与えるかも。

スイス初の第5世代戦闘機

 アメリカの航空宇宙企業ロッキード・マーティンは2021年6月30日(水)、スイスが選定中であった次期戦闘機について、F-35A「ライトニングII」戦闘機が採用されたと発表しました。スイス軍によるとF-35Aを36機調達する予定としています。

 F-35プログラムのゼネラルマネージャーを兼ねるブリジット・ローダーデール副社長は、「F-35がスイスに選ばれたことを光栄に思い、スイス政府および空軍、産業界などと連携してF-35戦闘機を提供し、整備することを楽しみにしております。今回の採用でスイスはF-35プログラムに参加する15番目の国となります」とコメントしています。

Large 210701 swissf35 01

拡大画像

ロッキード・マーティン製のF-35A「ライトニングII」戦闘機(画像:アメリカ空軍)。

 スイスの次期戦闘機選定計画には、F-35A「ライトニングII」以外に、エアバスのユーロファイター「タイフーン」、アメリカのボーイングF/A-18E「スーパーホーネット」、フランスのダッソー「ラファール」が候補に挙がっていました。

 2021年現在、ノースロップF-5E「タイガーII」戦闘機とボーイングF/A-18C「ホーネット」戦闘機を運用しており、F-35Aは初の第5世代戦闘機となります。

【了】
※誤字を修正しました(7月1日11時53分)。

【空自トップも視察】名古屋にあるF-35の組立・整備拠点

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント