何が「スーパー」だったのか ほぼ全国を走るも激減したJR特急名 一時は新幹線にも

国鉄の分割民営化後、とりわけ1990年代にJRで多数設定された「スーパー○○」という列車名が、ダイヤ改正のたびに数を減らしています。いまやJR西日本でわずかに残るのみ。なぜ減ってしまったのでしょうか。

速達性や新車をアピール JR化後に増えた「スーパー」列車

 JRの特急列車は速達料金として特急料金が必要ですが、その速達性は列車によって様々です。特に旅客需要が高い路線は同じ特急列車でも、停車駅の少ないタイプと主要駅に停車するタイプに分かれているケースがあります。

Large 200716 super 01

拡大画像

「タキシードボディのすごいヤツ」というキャッチコピーとともに、JR常磐線の特急「スーパーひたち」に投入された651系(2013年2月、児山 計撮影)。

 そこでJR各社は速達性の違いを明確にするために、列車名の前に「スーパー」を付けました。1988(昭和63)年に783系「ハイパーサルーン」を使用した博多~西鹿児島(現・鹿児島中央)間の速達列車「有明」を「スーパー有明」と命名したのを皮切りに、1989(平成元)年には常磐線の「スーパーひたち」、紀勢本線の「スーパーくろしお」、北陸本線の「スーパー雷鳥」などが登場。1990年代は多くの列車が「スーパー」を冠しています。

 国鉄が分割民営化されJRになったこの時期、ようやく投入され始めたJR独自の新型車両は、いずれも国鉄型より高い性能や豪華な設備を持っていました。JRとしてはせっかくの新車なので、国鉄型の従来車との差別化を図るためにこれまでの列車名に「スーパー」を冠し、列車のグレードアップをアピールしました。

 そのため「スーパー」を冠する列車は、各線にJR独自の新型車両がひと通り行きわたると設定されなくなり、2007(平成19)年、JR北海道の「スーパーカムイ」で一段落します。

【写真】珍しい「私鉄の」スーパー特急 走っている鉄道会社は…

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

13件のコメント

  1. かつて、地元を走る路線に、「スーパードラゴン」という快速列車も走ってました!

  2. 名鉄「パノラマスーパー」

  3. 今や「スーパー」どころか「特急」も半分は「急行」にした方がいいくらい、「急行」が無いのに「特急(特別急行)」があるのは不自然。少なくとも、とかち、すずらん、あかぎ、ときわ、かいじ、このあたりは急行でいいような。いやこの際いっそ全部種別を棚卸しして急行にしてしまってもいいくらい。

    • 国鉄の金儲けのため
      急行をとにかく特急にした(急行料金より
      特急料金が高い)
      子供の頃は
      岡山~鳥取は急行(砂丘)でした

    • 料金そのまま急行を標榜されては元も子もない

  4. JR九州はスーパーではなく、ハイパーだったのかな?

    • それは783系だけだ。

  5. 「スーパーはこね」はちと意味が違う。
    だってもともとそっちが本家の「はこね」だったんだから。

    それが箱根観光客限定特急みたいな運用ではままならなくなり途中駅にも停車して「あしがら」として運転される列車が増えてしまったことから始まって、最終的にはもともと「はこね」と名乗っていた列車を「スーパーはこね」に改称する事態になったわけなので。

    「スーパーくろしお」もそれに近いものがあるな。
    あれも急行「きのくに」から格上げされた停車駅の多いタイプに侵食されて、新大阪乗り入れを機にもともとの「くろしお」だった列車にパノラマグリーン車をつないで「スーパー」を名乗らせた感じだ。

    • 小田急の場合
      列車名の「はこね」より
      箱根に行くのは
      「ロマンスカー」のほうが有名?

  6. 列車名だけでなく、商品名や店名など、あらゆるシーンでも「スーパー」は頻繁に使われていた。ブームだったように思う。
    今は何気にブームなのが「プレミアム」だろうか。

    • たしかに、それはありかも。何を基準に「プレミアム」なのか不明なのが、結構多数ありますから。

  7. 「スーパーいなば」も智頭急行を経由して
    岡山~鳥取だけど
    車両の
    キハ187系ほJR西日本所属

    京都~倉吉
    「スーパーはくと」
    同じく智頭急行を走るけど
    HOT7000系は「智頭急行」所属
    しかも、智頭急行では
    制御振り子で130キロ❗
    だから第三セクター所属の「スーパー」になる

  8. 了様、児山様ありがとうございます。自分の地元九州では、列車名ではないが、高速バスで「スーパーノンストップ」たる種別が現在も存在します。この種別は従来のノンストップ系統よりもさらにノンストップ区間を拡大して停車数を少なくしたものではありますが、後に従来のノンストップ系統が停車数を増やしたり、従来のノンストップ系統そのものが系統廃止になってしまうなどで、事実上の種別名の「スーパーノンストップ」が、ノンストップ系統となり、「スーパー」の名称はその名残りで現在も残っています。でも将来的には「スーパー」の意味もあまりなくなる事から消滅し、単に「ノンストップ」になるかもしれません。