高速料金は混んだら値上げの変動制へ…「初乗り料金」はそのまま? 迂回で会社跨げば二重取り

国が大都市圏の高速道路においてシームレスなルート選択を促す料金体系の実現に向け、制度の見直しを進めています。しかし、会社間をまたいだ利用で都度徴収される「初乗り料金」はそのまま。どうにかならないものでしょうか。

高速道路の初乗り料金「ターミナルチャージ」

 首都高とNEXCOの路線は、料金体系も異なる「別物」――このような意識を打破して、誰もがスイスイと混雑箇所を回避したルートを選べるようになるのでしょうか。

 国土交通省が2021年7月26日(月)、第51回目となる有識者会議「国土幹線道路部会」を開催。今後の高速道路料金施策について中間答申の案が国交省側から発表され、意見が交わされました。
 
 このなかで、混雑状況に応じて、特定の時間帯や経路について料金の割増・割引を行うことが盛り込まれています。2021年7月から9月の「東京2020」大会期間中に首都高でマイカーなどへの一律1000円上乗せが実施されていますが、答申では、このような「ロードプライシング」をより機動的に行う施策が打ち出される見込みです。

Large 210727 terminal 01
首都高の江戸橋~神田橋間(乗りものニュース編集部撮影)。

 2016(平成28)年以降、大都市圏では路線ごとに異なっていた料金体系が整理され、対距離制が基本になりました。渋滞箇所などの迂回をしやすくするのが目的ですが、ロードプライシングは、この理念をさらに推し進め、混雑緩和につなげる狙いがあります。

 ただ以前から、こうした迂回の障壁になり得ると認識されつつも一向に解決されず、今回の答申案にも「速やかに実現すべき料金制度のあり方」として盛り込まれている要素があります。道路会社ごとに設定されている「ターミナルチャージ」の問題です。

 ターミナルチャージは鉄道の初乗り料金にたとえられます。NEXCOと首都高の路線をまたいで利用した場合、どちらの料金にもターミナルチャージ150円が含まれており、二重で徴収されます。

 NEXCOと首都高のあいだでは、「外環道の迂回割引」などで料金調整はなされるものの、ターミナルチャージはいわば固定費です。答申案では、このターミナルチャージの重複徴収が「シームレスな利用の妨げになっているとの指摘もある」とされています。

【外環が「真っ赤」!】首都高1000増し初日朝の道路状況

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

  • 「最新の運行情報はありません」

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

3件のコメント

  1. ロードプライシングより、二輪車登録不要距離も関係なしで普通車半額のシステム構築が先じゃないかな?とりあえず登録した人は半額にすれぼ、暫く文句も出ないだろうというのがみえみえ!

  2. 金持ち優遇になり格差を広げてしまいますから、民意が黙っていられないのでは?
    まずは公約通りに無料化してはいかがでしょうか?

  3. 首都高の上限料金はもう完全撤廃で良いのでは?それにあわせてターミナルチャージを首都高だけ廃止してほしい。
    もともと一般道とあわせた道路網として、交差点の無い道路というのが首都高のはず。
    ネクスコとの乗り換えだけでなく、一般道との一体的な運用、弾力的な経路設定においてもターミナルチャージが邪魔をしていると思います。