左右で違う色の尾翼…なぜ? スターフライヤー格納庫に独占潜入したらやっぱりユニークすぎた!

機番「JA●●MC」…MCってなんぞや!

深夜早朝便の運航から非対称に…

 北九州を拠点とする航空会社、スターフライヤーは2006(平成18)年に運航を開始し、今年で15年が経ちます。同社はいわゆる「新規系航空会社」のひとつであるものの、就航当時は前代未聞のカラーリングであった「黒塗りの胴体」を採用したことや、あえて客席数を減らして座席同士の広い普通席間隔を確保するなど、そのコンセプトやサービスのユニークさでは、国内随一の会社といえるでしょう。

 これらの機体が飛び立つ準備をする同社の格納庫、そして機内へ、同社の協力で特別に入ることができました。なお格納庫は拠点である北九州空港に、同社が2014(平成26)年に開設したもの。整備を外部に委託する航空会社もあるなか、スターフライヤーの格納庫建設は、思い切った判断といえるでしょう。

Large 210514 vc10 01

拡大画像

スターフライヤー機と同社の整備士(乗りものニュース編集部撮影)。

 大がかりなクレーンなどが備わった格納庫内にあった機体は、エアバスA320「JA24MC」。末尾が「MC」なのは、同社のブランド・コンセプトである「Mother Comet(母なる彗星)」にちなんだものだそうです。

 スターフライヤー機の塗装は尾翼にも大きな特徴があります。右側が黒、左側が白と、左右非対称の尾翼デザインとしているのです。「スターフライヤーが就航当時、他社さんでは早朝深夜便の運航を始めていませんでした。そのようななか、早朝から深夜まで運航する航空会社として、朝(白)と夜(黒)をイメージし、この尾翼デザインを採用しました」と同社の整備士は話します。

スターフライヤーの格納庫独占潜入!普段じゃ見れないところをサササッと!(13枚)

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

  • 「最新の運行情報はありません」

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント