今日デビュー! 新型車両18000系 半蔵門線に18年ぶりの新車 東京メトロ

2025年度まで導入されます。

全19編成190両が導入予定

Large 210602 metro 13

拡大画像

半蔵門線の新型車両18000系電車(2021年6月、伊藤真悟撮影)。

 東京メトロ半蔵門線の新型車両18000系電車が2021年8月7日(土)に運行を開始します。

 18000系は、1981(昭和56)年4月に運行を開始した従来車両8000系電車を置き換えるために製造されました。半蔵門線では、8000系、08系電車に次ぐ3代目の車両。同線に新型車両が導入されるのは、08系の2003(平成15)年4月以来18年ぶりとなります。

 今後は2025年度までに、全19編成190両が導入される予定です。ホームと床面の段差を低減するなどバリアフリー化が図られたほか、機器の状態をモニタリングするシステムの導入、抗菌・抗ウイルス加工が施された座席表地の採用など、安全性や快適性が飛躍的に向上されています。

 東京メトロは「新しくデビューした半蔵門線の新型車両18000系に是非ご乗車ください」としています。

【了】

【行先に注目!】ちょっとだけ東西線を走った8000系

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. 東京メトロ南北線19000系と東武80050系はいつ出るのでしょうか。