若き“GTO”鬼塚英吉は何に跨った? バイク漫画としても名作『湘南純愛組!』の名バイクたち

コロナ禍による巣ごもり生活で漫画や動画配信サービスが絶好調。そうしたなか、漫画版の終了から24年の歳月を経て実写ドラマ化された『湘南純愛組!』は、実はバイクファンにこそオススメしたい、名車ラッシュな作品です。

漫画『湘南純愛組!』は懐かしい名車のオンパレード

“バイク漫画の金字塔”といわれる作品は、『750ライダー』をはじめ、『バリバリ伝説』『疾風伝説 特攻の拓』などがありますが、そのなかでもバイクファン目線で隠れた名作といえるものが、2020年2月に連載終了から24年を経てAmazonプライムにて実写化されました。1990(平成2)年から6年間「週刊少年マガジン」で連載された『湘南純愛組!』です。

 作者は藤沢とおるさん。アニメ化、ドラマ化、さらには映画化もされた人気漫画『GTO』の作者であり、『湘南純愛組!』はその主人公、鬼塚英吉や相棒の弾間龍二の破天荒な高校時代を描いた、『GTO』の前身となる青春漫画です。

 その登場人物たちのほとんどがバイクに乗っており、改めて読み返すと、懐かしの絶版バイクで溢れかえっている作品なのです。作中に登場したバイクを、キャラクターとともに振り返ります。

●カワサキ「ゼファー1100」「ZII」

 主人公の鬼塚英吉はカワサキ車に乗ることが多く、愛車とする「ゼファー1100」と「ZII」とも、生産が終了したレア車です。英吉はゼファーを通学や遊びなどの普段使いで乗っていた一方、ZIIは、“ここぞ”というときに英吉が乗ったバイクでした。

 英吉のZIIは、師とも言える人物で初代「暴走天使(ミッドナイトエンジェル)」総長である真樹京介から受け継いだ、とても思い入れのある1台。作中(単行本23巻)の伝説的なシーン“西湘最高速レース(スピードキング)”では、英吉がZIIに乗り、「200km/hでウィリー」「300km/hの加速」などを披露しています。

●ホンダ「CBX400F」

Large 210830 junai 01

拡大画像

弾間龍二が愛用したホンダCBX400F(画像:ホンダ)。

 もう1人の主人公・弾間龍二は英吉と対照的に一貫してホンダ車に乗っており、なかでもプロアーム仕様の「CBX400F」を愛用していました。

 CBX400Fが発売された1980年代前半は各社がDOHC4気筒バイクを誕生させており、ホンダは出遅れていました。そうしたなかでホンダが世の中に送り出したCBX400Fは、瞬く間にベストセラーとなりました。しかし、1981(昭和56)年から4年間しか販売されておらず、いまではレアな1台になっています。

 龍二は作中でなかなか無茶な乗り方を繰り返しており、崖からバイクごと落ちたことも。しかし、龍二は大破したCBX400Fを片手で持ち上げ、修理して乗り続けました。

【若かりしGTO鬼塚英吉の愛車は?】『湘南純愛組!』の懐かしバイクを画像でチェック!

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. 名車漫画なら特攻の拓でしょ