東北・秋田新幹線、11月8日より当面のあいだ運休や両数変更など 新型コロナの影響で

厳しい状況が続きます……。

今後の動向次第では、計画変更されることも

Large 210927 eiden 01
疾走するE5系新幹線(乗りものニュース編集部撮影)。

 JR東日本は2021年11月8日(月)から当面のあいだ、東北・秋田新幹線の運休や両数変更を行います。これは、新型コロナウイルス感染拡大に伴う利用状況を踏まえたもの。詳細は以下の通りです。

○運休
・東北新幹線 東京~新青森:はやぶさ5本
・秋田新幹線 東京~秋田:こまち2本

○編成両数変更
・東北新幹線 東京~仙台:はやぶさ1本
※7両編成、グランクラスなし

 JR東日本は今後の利用動向などを鑑み、都度、列車の運転について判断するとしています。

【了】

【時刻など詳細】運休・両数変更予定の新幹線一覧

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. ありがとうございます。そして、当面のあいだ実施なので、実質永遠に実施、つまり2022年春のダイヤ改正を待たずに一部のはやぶさ&こまち廃便決定‼︎と言うわけでありますね。さようなら‼︎当面(実質永遠)運休となった、はやぶさ&こまちの一部の便‼︎当然現地に行くのは無理なので、今から当面(実質永遠)運休となる該当便の一部のはやぶさ&こまちの葬式鉄をオンラインテレワーク(これも立派なお仕事‼︎なぜなら「テレワーク」つまりワーク[仕事]しているから‼︎ちなみに本日は実仕事の方は休暇日の為お休み)上で執り行います。