JR釧網本線90th記念しデジタルスタンプラリー開催 貸切列車も運行 景品にサボや特産品

10月1日に開始です。

全25駅や沿線施設でチェックイン

Large 210929 senmou 01

拡大画像

JR釧網本線のキハ54形ディーゼルカー(画像:テクテクライフ地方創生PR事務局)。

 歩いた場所を地図上で塗れる位置情報アプリゲーム「テクテクライフ」を使ったデジタルスタンプラリーが、2021年10月1日(金)から翌2022年3月31日(木)まで、JR北海道 釧網本線を舞台に行われます。

 釧網本線は2021年9月20日(月)、全線開通から90周年を迎えました。ラリーは「テクテク釧網本線めぐり」と称し、スポット化した全25駅や沿線のレジャー施設などでチェックインしていくものです。

 5駅チェックインする毎にゲーム内で抽選に参加でき、当選者には「炭焼きかまぼこほか詰め合わせセット」など各市町村の豪華景品がプレゼントされます。

 また10月9日(土)には、網走・釧路~川湯温泉間などで団体貸切列車「テクテク釧網本線めぐり 秋号」を運行。掲出されるのサボ(行先表示板)やエンブレムも、景品の対象になります(抽選)。

「テクテクライフ」は、スマートフォンから無料でダウンロード可能。一部のコンテンツには、アプリ内で課金があります。

【了】

チェックインで抽選に参加 当たる景品は?

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント