「ハワイへ隔離ナシで行く」道はだいぶ複雑!? 「キング オブ リゾート」はコロナ前のように行けるのか

「キング オブ リゾート」ハワイ。実は所定の手続きを踏めば、現地での隔離なく、到着後すぐに行動することができます。複雑なこの手続き、どういったものなのでしょうか。実際にこれを用いてハワイに行ってきました。

陰性証明+パスポートだけじゃダメ!

 2021年10月1日から、政府は国内に発出されていた緊急事態宣言を一斉解除するとともに、これまで14日間だった海外から帰国した際の自主隔離期間を、ワクチン接種済みの人を対象として10日間に短縮すると発表しました。海外への渡航のハードルが少し下がったといえるわけです。

 一方で、海外では日本より先んじて、規制を緩和する国や地域もあります。そのなかのひとつが、日本人にとっての「キング オブ リゾート」、ハワイです。

 日本人によるハワイ州への渡航については、所定の手続きをクリアすれば、通常10日間とされる到着後の自主隔離なく、ハワイ到着からすぐに行動を開始することができます(ただし現在同地域は10月まで旅行自粛が呼びかけられている)。

Large 01

拡大画像

ホノルルの光景。飛んでいる旅客機はANAの巨大機「A380」(2021年8月、乗りものニュース編集部撮影)。

 現地での隔離なしでハワイに渡航するには、おもに3つの準備が必要です。

・パスポート・ESTA(電子渡航認証システム)の用意をする(期限が有効かどうか確認する)。
・出国72時間以内にハワイ州保健局指定の医療機関でPCR検査を受け、陰性証明書を発行してもらう。
・ハワイ州のウェブサイト「Safe Travels Program」へ渡航情報などを登録。陰性証明をアップロードし、スマートフォンにQRコードを保管しておく。

 このほか、出発前に、コロナ関連の宣誓書を印刷したうえ、記入が必要です。なお、パスポート、ESTA以外の項目は、新型コロナウイルス感染拡大下で、新たに追加されたものとなります。おもに隔離免除のハードルとなるのは、陰性証明書の発行とアップロードでしょう。

【キングオブリゾート、健在!】2021年8月ホノルル潜入写真レポ(22枚)

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. ありがとうございます。みんながコロナ禍収束を願いつつ、海外旅行に早く行きたがっているのに、当編集部スタッフだけハワイ旅行気分なんて、さぞかし、うらやましいです。単なる自慢記事であって、実に不愉快な
    記事であります。