新造機を日本へ運ぶ「フェリーフライト」 同乗者に渡される航空券も特殊? ANA A380の場合

こんなん見たことない!

出発地は「一般人出入り禁止」なのに

 いわゆる一般旅客を乗せず回送飛行を行う「フェリーフライト」には、さまざまな目的があります。そのなかでも新造機を航空機メーカーから受領し、その機を日本まで持ってくる……というケースの場合、実はパイロット以外にも、航空会社のスタッフが乗っていることが一般的です。

 2021年10月に成田空港にやってきたANA(全日空)の超大型機、エアバスA380「フライングホヌ」の3号機。同機の成田へのフェリーフライトでは、引き受けのための最終確認を担当する「領収検査員」が乗り込みました。

Large 01

拡大画像

仏・トゥールーズを出発するANAのA380の3号機(2021年10月、乗りものニュース編集部撮影)。

 出発地はフランス・トゥールーズ空港にある、エアバス社のデリバリーセンター。民間空港にあるものの、エアバス社の敷地内なので、一般の人は立ち入れません。ただ、同機に乗り込む検査員へは、エアバス社から「航空券(ボーディングパス)」が発券されていたのです。

 もちろんこの「航空券」、わたしたちが旅客便に乗るときの券とは違いがあります。座席(SEAT)の欄が「FREE」となっているのです。ただ一方で、搭乗者名、発着地、便名、出発ゲートや搭乗時刻など、一般的な航空券に書かれているような情報も記載されています。ちなみに、搭乗クラスはエコノミーを示す「Y」となっていました。

 なお、フェリーフライトでも、通常の空港と同じようにチェックインし、手荷物を預けるという流れは健在。A380の3号機出発前には、一般便にくらべてとてつもなく少ない荷物が、その巨体の貨物室に積み込まれる光景も確認できました。

【了】

【FREE!】超貴重「フェリーフライトの航空券」

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

2件のコメント

  1. チェックインカウンターもあるのね。しかも航空会社や行き先も表示されてる。

    モハベ行きの場合は何かあるんだろうか…(涙)。

  2. 航空券は全くの別物ですので、航空券では無く「搭乗券」が正しい表現と思われます。