ついに迫る! エアバスの異形貨物機「ベルーガ XL」とは? 巨大「白イルカ機」の細部に肉薄

エアバス社の工場では、まず日本では見ることができない不思議な形の飛行機を日常的に見ることができます。胴体の上がコブのように大きく盛り上がった輸送機「ベルーガ XL」です。同社協力のもと、間近でその姿を見てきました。

双発旅客機「A330」がベース

 ヨーロッパの航空機メーカー、エアバス社の本拠地フランス・トゥールーズなどでは、まず日本では見ることができない不思議な形状をした飛行機を日常的に見ることができます。輸送機「ベルーガ XL」です。

 エアバス社協力のもと、この機を近くで見ることができました。

Large 01

拡大画像

エアバス「ベルーガXL」(2021年10月、乗りものニュース編集部撮影)。

 この機の最大の特徴といえば、胴体の上がコブのように大きく盛り上がっていること。このコブはまるごと巨大な貨物室となっています。貨物室はマックスで幅約8.1m、高さ7.5mの物体が入る大きさ。そしてなんといっても、その強みは長尺貨物への対応力で、約47mの物体が入る奥行きをもっているのです。なお、同機の全長は約63m、全幅は約60m。このサイズ感は、ジェット旅客機であれば標準的ともいえますが、コブの高さがあるためか、それ以上に大きく見えます。

 デビューは2020年。ベースとなっているのは、日本でも遭遇率の高いエアバス社の双発旅客機「A330」ですが、その胴体上部はもちろんのこと、尾翼などの胴体後部、胴体下部のコクピット部分など、各所に大きな改造が施されているようで、パッと見たところA330の面影はありません。

 この不思議な飛行機は、どのように使われるのでしょうか。用途を知ると、日本での遭遇率が限りなくゼロに近い理由もわかります。

【巨大】 「ベルーガXL」徹底写真レポ 超近くまで迫ってみた(22枚)

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント