ゆったり座って元箱根港へ 座席定員制バス「芦ノ湖ライナー」1年間実証運行

土休日に2往復!

土休日に2往復

Large 211023 ashinokoliner 01
「芦ノ湖ライナー」の車両イメージ(画像:小田急箱根ホールディングス)。

 小田急箱根ホールディングスと箱根登山バスは2021年10月22日(金)、神奈川県内の小田原駅・箱根湯本駅~元箱根港間で、座席定員制のバス「芦ノ湖ライナー」を実証実験として運行すると発表しました。

 車両は貸切タイプのバスを使用。期間は11月14日(日)から2022年11月13日(日)までの1年間です。運行は土休日のみ。座席は各便30席。時刻は次の通り。

●元箱根港行き
・小田原駅10時15分発
・箱根湯本駅11時50分発
●箱根湯本駅行き
・元箱根港13時50分発
・元箱根港16時00分発

 バスは箱根新道を経由しますが、小田原駅発のみターンパイク箱根を通ります。いずれの便も途中下車はできません。

 運賃(子ども半額)は、小田原駅~元箱根港間が1200円、箱根湯本駅~元箱根港間が960円です。「箱根フリーパス」や「芦ノ湖きっぷ」などの割引きっぷは使えますが、「PASMO」などの交通系ICカードは対応していません。また別途、乗車整理券(ライナー券、500円、子ども同額)が必要です。

 乗車整理券は、観光情報サイト「箱根ナビ」やMaaSアプリ「EMot(エモット)」で予約・購入が可能。当日空席がある場合は、小田原駅前・湯本・元箱根の各営業所・案内所で紙のチケットが販売されます(営業所・案内所によって取り扱う便は異なる)。

【了】

【画像】「芦ノ湖ライナー」の車内と運行ルート

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント