特急・新幹線のグリーン料金等を値上げ 成田EXPは2100円→2800円 JR東日本

いままでが若干安めに設定されていたそうです。

2022年春、グリーン料金改定

 JR東日本と西日本は2021年10月26日(火)、新幹線と特急列車のグリーン料金などを一部改定すると発表しました。

Large 211026 green 01
成田エクスプレス。グリーン料金が値上げされる(画像:写真AC)。

 対象は、東北・山形・秋田・上越・北陸新幹線のグリーン車・グランクラス料金、JR東日本管内の在来線特急列車のグリーン車料金、「サフィール踊り子」のプレミアムグリーン・グリーン個室料金です。

 グリーン料金は次の通り改定されます(抜粋)。利用する距離により、値上げもしくは据え置きになる形です。

・100kmまで:1050円→1300円
・400kmまで:4190円→4190円
・700km以上:5240円→6600円

 なお、「成田エクスプレス」のグリーン料金は距離にかかわらず2100円が、改定後は2800円になるそうです。

 JR東日本における現行の料金は、2002(平成12)年の東北新幹線八戸開業時に利用促進を目的として値下げを行ったものがベースとなっていました。今回、一部の営業キロ帯を除き、JR6社共通のグリーン料金(JR各社にまたがる場合のグリーン料金)と同等の水準に改定するとのこと。ただし、601kmから700kmまでの料金は、JR6社共通のグリーン料金より低廉な価格を設定するといいます。

 なお、グランクラス料金や「サフィール踊り子」の特別室料金についても、おおむね現行より値上げになります。JR東日本と西日本は今回の改定について、「お客さまのご利用状況および経営環境の変化」を踏まえたとしています。

 改定は2022年春の予定。詳細については追って発表されます。

【了】

【改定前/改定後】グリーン料金の比較表

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

5件のコメント

  1. グランクラスをもっと値上げして利用が低調になったらあそこを貨物スペースに転用するチャンスだ

  2. 値段を上げても質が伴わないですよね。
    (その、低廉だったレベルで設えてるんだから)

  3. 値上げするなら3列に戻して欲しいわな。

  4. これに文句や憎まれ口を言う客は想定顧客層ではない(客層が安っぽくなる)からお乗りいただかなくて結構、
    コロナ禍も出口が見えてきたのでこれを契機に浄化しよう、という事なのかもですねー。

    まあ、いいんじゃないでしょうか。

  5. ありがとうございます。値上げとはいえども、JR他色水準に合わせる形になりますね。いままでが緑色のJRが太っ腹なだけであることから、他色合わせにすることで、きちんと利用対価に応じた料金を徴収することになりますね。