「ボーイング767」なぜ35年以上も国内で主力? やっぱり不動の「優等生」 その功績と強み

日本で35年以上、主力級の活躍をする旅客機がボーイング767です。まさに優等生のような機種ですが、どのような飛行機で、どんな魅力があるのでしょうか。

1980年代から国内航空会社で活躍

 日本でボーイング767といえば、国内ほぼ全ての主要空港に就航できる優等生のような存在です。ANA(全日空)は1983(昭和58)年から、JAL(日本航空)は1985(昭和60)年からこのシリーズを使用。35年以上が経過した2021年現在でも、ほとんど設計に変化のない派生型がいまだに一線級の活躍をしています。

 一方で、その“安心感”の反面、長年あまり目立つこともない旅客機ともいえるでしょう。改めて767がどのような旅客機なのか、その魅力に迫りたいと思います。

Large 01

拡大画像

2021年の羽田空港、JALのボーイング767が並び立つ(乗りものニュース編集部撮影)。

 767シリーズを開発する前のボーイング社は、最初のジェット旅客機707、おもに短距離を担う727、737、超大型旅客機として一世を風靡した747を生み出したのち、そのすき間を埋めるジェット旅客機の開発に着手します。747の次に同社が計画したのが、交代期を迎えた3発ジェット727の後継派生型「727-300」というモデルでした。

 この機は3つのエンジンを胴体後部にまとめた「リア・ジェット」で、シングル・アイル(単通路)の胴体など、これまで同社が開発した短距離機の特徴を引き継ぎながら、当時発達してきたコンピューター・システムを積極的に取り入れ、2人乗務での運航を可能にした初期のハイテク機でした。

 ただ、エンジンを3発積むことで経済性が悪くなることなどを航空会社側から指摘され、ボーイングは新たに双発単通路機「7N7」計画を立ち上げ、そちらにシフトします。これと同時に、中距離を飛び、250人前後の乗客を乗せ、運航経費が安い、”儲かるジェット旅客機“として開発されたのが「7X7」です。

 そして先に開発された「7N7」は「757」、「7X7」は「767」というモデルナンバーが割り当てられました。

 このような経緯から、767は「757」と姉妹機であり、パイロットの資格もほとんど共通化されています。現在でこそ、パイロット資格の共通化はエアバス機などで一般的になっていますが、当時は超画期的な技術革新のひとつだったといえるでしょう。また、これらの機体では当時最先端のコンピューター技術を駆使した「グラス・コクピット」が採用されており、現在の最新鋭機787まで続く操縦システムの元祖的存在ともいえます。

超スレンダーな姉「757」&「767」初期タイプなど… 767nの歴史をササッと! 

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

2件のコメント

  1. 上記広告の送信をとめてください。仕事になりません。よろしくお願いします。

  2. JALの場合、塗装が4世代なんですよね。