「のぞみ」に刃物男 緊迫の車内…列車はどうなるのか? 警官突入までの訓練一部始終

車内での殺傷事件を想定し、JR東海が新幹線車両を使ったリアルな訓練を実施。緊迫した瞬間、乗務員と指令所、警察はどう対応し、どう事態は動いていくのか、知っておくと万が一の際、多少なりとも落ち着いて行動できるかもしれません。

乗務員と指令所・警察のやりとりも公開

 JR東海が2021年11月17日(水)、三島車両所で「東海道新幹線 総合事故対応訓練」を実施。そのひとつとして、「不審者による無差別殺傷」を想定した訓練も行いました。

 実物のN700S車両を使い、JR東海社員のほか6名の警察官も参加した臨場感、緊迫感のある訓練で、通常は乗客には聞こえない乗務員、指令員、警察のやりとりも、取材陣へ聞こえるようにセッテイング。そのとき列車がどういう状況になり、どのように事態が動いていくのか、リアルな形で取材することができました。

Large 211117 nozomi 01

拡大画像

N700S車内に現れた不審者(2021年11月17日、恵 知仁撮影)。

 この内容を知っていれば、万が一が自分に起きた際、多少なりとも落ち着ける要因になるかと思いますので、以下、そのときの車内状況、乗務員らがどう動いたかなどについて、時系列で記します。

 なお分かりやすくするため、一部で省略などをしており、一言一句そのままというわけではありません。

 今回の事件設定は、三河安城~豊橋間を走行中の東京行き「のぞみ6号」15号車に、刃物を振り回した不審者が現れた、というものです。

 その始まりは突然、静かな車内に響きました。

不審者「なんやコラ!」

被害者「やめろ!」

「あっ!もう逮捕される!」というのが分かる不審者の写真

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント