好調続くANA「家で機内食」 ビジネスクラス版がついに誕生! エコノミーと明確な差あり?

ちょっとリッチさが違いますぜ…。

25日午前10時から販売

 2020年にスタートし、好調な売れ行きですでに125万食が売れているANA(全日空)の「家で食べられる機内食」の通販。これまで40種類以上のメニューが展開されてきましたが、これらは国際線エコノミークラスのメニューが中心でした。2021年11月25日(木)より、ついに上位座席である「ビジネスクラス」のメニューが、公式通販サイト「A-Style」のほか、「楽天市場」で販売開始となります。

Large 01

拡大画像

新たに販売される「ANAビジネスクラス機内食」(2021年11月24日、乗りものニュース編集部撮影)。

 今回のメニューは、デミグラスソースのハンバーグ・ステーキを中心とし、付け合わせや3種のブレッド、デザート(フランボバニーユ)といった構成。価格は2食で1万円となっています。エコノミークラスの場合はメインのみ12食で9000円といった構成がスタンダードで、それと比べると間違いなく”リッチ”です。

 メインディッシュとなるハンバーグステーキは、実はこれまでのエコノミークラス機内食でもラインナップに含まれていました。ただ、ANA総料理長である清水 誠シェフによると、「エコノミークラスのハンバーグももちろんこだわっていますが、今回販売を開始するものは、食材やソースのレシピが大きく異なります」とのこと。

【リッチで省スペース!!】「ANAビジネスクラス機内食」の全貌など

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント