初公開! 外観も機内も可愛さLv100な『ポケモン』旅客機に潜入 AIRDOから誕生

非対称デザイン!左右それぞれなまらカワイイ!

「JA607A」が担当

 北海道を拠点とする航空会社、AIRDOが2021年12月より運航開始する、『ポケットモンスター』のキャラクター(きつねポケモン)、「ロコン」の特別塗装を施した「ロコンジェット北海道」。就航を間近に控えた11月29日(月)、同機の外観と機内の様子が、初めて公開されました。

Large 01rr

拡大画像

AIRDO「ロコンジェット北海道」の外観(2021年11月29日、乗りものニュース編集部撮影)。

 担当機はボーイング767-300ERの「JA607A」。ANA(全日空)で2002(平成14)年に導入され、おもに国内線を担当しました。AIRDOでのデビューは、この「ロコンジェット」となり、同塗装をまとって5年間運航される予定です。

 塗装は那覇空港にある航空機整備を専門に手掛ける会社「MRO Japan」で11月5日から22日まで実施され、28日(日)の夜、羽田空港にやってきました。

 ポケモン社では、ほかの航空社(スカイマーク社「ピカチュウジェットBC」など)ともタイアップ特別塗装を企画していますが、この「ロコンジェット北海道」は、「ロコン」自体の特徴である可愛らしさを全面に押し出したものとなります。

 担当者はこの特別塗装を「ポケモン社とアイデアを出し合って決めた」といいます。デザインは左右非対称となっており、「立体的に楽しめる斬新なデザイン」(AIRDO担当者)とのこと。右側はコーポレートカラーのAIRDOイエローの配色で「ロコン」が、左側はもうひとつのコーポレートカラーのAIRDOブルーの配色で「アローラロコン」が描かれています。尾翼はそれぞれのキャラクターの横顔が大きく描かれているほか、全面に「ロコン」たちが大きくデザインされているのが特徴です。

【可愛さLv100】「ロコンジェット」をササッと徹底解剖(写真レポ39枚)

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント