日産「ノート」が日本カー・オブ・ザ・イヤーに 日産10年ぶり

今年はコンパクトカーが受賞です。

外国車部門では「ゴルフ」が受賞

Large 211201 coty 01
日本カー・オブ・ザ・イヤーを受賞した日産「ノート オーラ」(画像:日本カー・オブ・ザ・イヤー)。

 一般社団法人日本カー・オブ・ザ・イヤーは2021年12月10日(金)、「2021-2022 日本カー・オブ・ザ・イヤー」を発表しました。

「今年のクルマ」こと日本カー・オブ・ザ・イヤーに輝いたのは、8月に発売された日産の新型コンパクトカー「ノート オーラ」をはじめ、「ノート」「ノート オーラ NISMO」「ノート AUTECH CROSSOVER」でした。「ノート オーラ」は出力やトルクを向上させ進化した「第2世代e-POWER」を搭載し、デザインではフロントグリルを一新し、フェンダー部にボリュームを持たせるなど、コンパクトカーながらプレミアム感を持たせたクルマとなりました。

 そのほかの部門の受賞車は次の通りです。

・インポート・カー・オブ・ザ・イヤー:フォルクスワーゲン「ゴルフ」「ゴルフ ヴァリアント」
・デザイン・カー・オブ・ザ・イヤー:BMW「4シリーズ」
・テクノロジー・カー・オブ・ザ・イヤー:三菱「アウトランダー」
・パフォーマンス・カー・オブ・ザ・イヤー:ゼネラルモーターズ「シボレー コルベット」
・K CAR オブ・ザ・イヤー:ホンダ「N-ONE」

 これらは、2020年11月から2021年10月までに日本国内で発表された29台のうち、60名の選考委員による第一次選考で上位10台の「10ベストカー」が選定されたのち、そのなかから最終選考投票を経て決定しています。

 なお、日産の日本カー・オブ・ザ・イヤー受賞は、2011-2012の「リーフ」以来10年ぶりとなります。ちなみに、昨年のK CAR オブ・ザ・イヤーでは「ルークス」が受賞しています。
 
【了】

【写真】今年の各部門「イヤーカー」をチェック!

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

2件のコメント

  1. 次回はEVで獲得だ!

    • 前回取ったのがリーフなんだが…。