横浜ブルーライン新車「4000形」登場 “エッジ際立たせた”デザイン 5月デビュー

全8編成が導入されます。

Large 01

拡大画像

市営地下鉄ブルーラインに導入される新型車両「4000形」(画像:横浜市交通局)。

 横浜市交通局が翌2022年5月、市営地下鉄ブルーラインに新型車両「4000形」を導入し運行開始します。

 導入されるのは全部で8編成。うち2022年度は5編成が運行開始する予定です。

 外観には「横浜のイメージ」や「横浜らしさ」をデザイン。「海辺の先進的な都会感」をコンセプトとし、凛とした佇まいとスピード感を感じさせるものです。先頭車両は、従来車両の面影を残しつつ、全体的に平面や直線のエッジを際立たせた構成に。様々な方向を向いた面が、見る角度とともに先頭形状の表情を変化させ、躍動感を感じさせるデザインとなっています。

 内装は、バリアフリー性や快適性を向上させ、特に座席幅が従来の470mmから480mmに拡大されています。また、シート端部の袖仕切りが大型化されています。

 ほかにもセキュリティー向上を目的とし、車内防犯カメラが1両あたり3台設置されています。

【了】

【イメージ図】新型車両「4000形」の車内を見る

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント