世界で売れる韓国製「K9自走砲」何がイイのか? 武器が売れない日本との違い

韓国のK9自走砲を新たにオーストラリアが導入することが決定しました。欧州やインド、エジプトなどでも導入しているK9自走砲、なぜ世界で売れているのでしょうか。武器輸出が振るわない日本とは、何が違うのでしょうか。

オーストラリアが韓国と870億円の調達契約

 2021年12月13日、オーストラリアのスコット・モリソン首相と韓国の文在寅大統領がキャンベラで首脳会談を行い、韓国が開発した「K9」155mm自走砲とK9に弾薬を補給する「K10」弾薬供給車をオーストラリアへ輸出することで合意、同日K9およびK10のメーカーであるハンファ・ディフェンスと、オーストラリアの防衛資材機関の間で契約が締結されました。

Large 211216 k9 01

拡大画像

韓国陸軍が運用しているK9自走砲(竹内 修撮影)。

 オーストラリアは陸軍の装備近代化計画を進めており、同国政府は2020年9月にハンファ・ディフェンスを新たな自走砲導入計画の優先入札者として決定していました。今回締結された契約はK9自走砲30門とK10弾薬供給車15両をオーストラリアに供給するという内容で、韓国の中央日報は輸出総額が9000億ウォン(約870億円)に達すると報じています。

 ハンファ・ディフェンスは2020年10月にオーストラリア向けのK9をベースにしたAS-9と、K10をベースにしたAS-10のコンセプトを発表していますが、AS-9とAS-10のCGには車内から機銃を操作できる「リモート・ウェポン・ステーション」と防御力を強化する増加装甲が装備されており、韓国陸軍で運用されている車体より能力が高くなるものと見られています。

 K9は、陸上自衛隊が運用している99式自走155mmりゅう弾砲と同じ1999(平成11)年に、韓国陸軍への配備が開始された装軌式自走砲です。主砲は99式自走155mmりゅう弾砲と同じ52口径155mm砲で、専用の弾薬供給車が同時に開発されている点や、自動照準装置を装備している点など、共通点も少なくありません。

【目ヂカラが違う!】豪州向けK9「AS-9」を画像で見る

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

2件のコメント

  1. タイトルでは日本との違いを強調して書かれていますが、競争相手は日本だけなのですか?違いますよね?ならば態々日本と書かないで、韓国の製品が売れる理由、とのみ書けばいいのではないでしょうか?仮に日本のここが駄目だ、と記事内部で紹介されていれば問題無いですが日本の事情には全く触れてないですよね?

  2. 見てもらう為にこういう記事書く人間多いな
    韓国と中国出してれば売れるから仕方ないかな