「移動オービス」22年度さらに増強へ どこでも“突然取締り” 即効性ある通学路安全対策

警察庁が2022年度予算に、移動オービスのさらなる整備費を盛り込みました。目的は生活道路や通学路などの安全確保。こうした場所での安全対策は、「ハンプ」などの物理対策もありますが、移動オービスは機動性と即効性が評価されているようです。

関係閣僚会議でさらに必要性が訴えられた「移動オービス」

 多発する通学中の交通事故の抑制を目指し、警察庁はさらなる移動オービス(可搬式速度違反自動取締装置)の活用を決めました。2022年度の予算で整備費25セット分、総額1億300万円を計上しました。

 新型の移動オービスは2016(平成28)年から採用され、2018年から全国に展開。2021年度末までに全国で116セットが整備される予定です。警察庁は来年度、これをさらに増やすことにしました。詳細は以下のとおりです。

Large 211228 obis 01
移動オービスによる取締りの例(中島みなみ撮影)。

●装置整備状況(累積整備セット数/取締り件数)整備は毎年度、取締りは各年中
・2018年度=39セット/1493件
・2019年度=60セット/5069件
・2020年度=99セット/1万1568件
・2021年度=116セット/1万1515件
・2022年度=141セット(予算案)
※2021年度末予定、取締り件数は2021年のみ6月末時点。

 2021年8月、千葉県八街市での飲酒運転トラックによる児童の死傷事故をうけて、岸田文雄首相を中心とする関係閣僚会議は、省庁横断的な対策を打ち出しました。警察庁はこの緊急対策として、道幅が狭い道路でも活用できる移動オービスを利用して「効果的な速度違反取締りを行い、速度規制の実効性を確保する」ことを決めています。

 12月の第3回関係閣僚会議では、さらに必要性を訴えました。移動オービスの役割について警察庁交通局交通指導課はこう話します。

「可搬式速度違反自動取締装置は、少人数・省スペースでの運用が可能で、これまでも幹線道路を含め、多数の警察官の動員が困難な深夜・早朝での取締りや、従来の定置式速度違反自動取締装置では対応が困難であった通学路や生活道路等における速度取締りに活用しており、通学路等における交通安全確保に大きな役割を果たしている」

【おっそろしいぞ!】「新型オービス」3タイプ 写真で見る

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

5件のコメント

  1. 移動式と可搬式は言葉の意味からも明確に分けるべきだと思う、

  2. オービスは登録商標なので普通名称のように使ってはいけません。

  3. 国家警察で無ければ
    見様によっては
    子供を人質に武器購入の大義名分を得て
    その武器でスピード出すなと恐喝してるようなもの
    スピード出す奴が悪いと言えばそれまででしょうが、
    スピード超過の危険を認知教育させる事を捨て
    安易にルールから外れた者を処断し地域から排除すれば良しとする考えであり
    その地域や自分たちだけ良ければ良いみたいな差別主義的問題が根にあると言えないか?
    法治国家として低次元だと思う。
    ある意味で
    黒人差別で警察が非難されたアメリカや
    中国政府の強権発動を非難できないほどに
    社会主義的監視国家で
    ざんねんな国家、日本。

  4. この手の可搬式速度違反自動取締装置
    通学路や生活道路の歩行者安全の為にと謳い導入しておきながら
    結局は何処の地方警察も幹線道路の抜き打ちネズミ捕りに公然と使い回す始末であり、
    さらに増強したいとねだる訳だ、
    まるで子供が
    おもちゃを安全な公園だけで遊ぶからと親にねだって買ってもらったら、
    そんな約束反故にして道路に乗り出して夜遅くまで遊ぶようなもので、
    子供じみた言い訳だよね、
    その購入資金元が税金によるもので、
    さらに反則金を徴収するネズミ算な警察の悪徳な資金調達手法になってるかと思うとやるせない。

  5. 本当の即効性ある通学路安全対策するなら
    スピード違反取締するよりか
    通学路をショートカットするような道には一旦停止を確り設けておき
    一旦停止取り締まりする方が効果あるだろうに、
    さらに言えば隠れて一旦停止違反者を摘発するより
    堂々と一旦停止線の目の前で警官が立ってれば良いんだよ。
    警官が見てる前で違反する間抜けはそうはいないだろ?
    反則金徴収が主目的じゃないんならそれが正しいやり方だ。
    皆が一旦停止を守ればその道は速度抑制され抜け道のショートカットにはなり得なくなり
    普段からよく警官が立って見られてると周知されれば
    自ずと常習犯の抜け道暴走車は寄り付かなくなるはずだ。
    だから警官が通学路の一旦停止線で立ち見守るだけの手間を惜しんで
    移動オービス購入理由に即効性ある通学路安全対策の為とするのは詭弁なんですよ
    まあ警察も所詮安全より利害を優先して動く組織だから
    正しい意見を言っても無駄でしょうけど。