ソ連の傑作戦闘機MiG-15が初飛行-1947.12.30 ドイツ航空技術+イギリス製エンジンで降誕

12月30日は旧ソ連のジェット戦闘機MiG-15が初飛行した日。同機は朝鮮戦争でアメリカを始めとした西側の戦闘機を圧倒した機体であるものの、ドイツの先端技術とイギリス製ジェットエンジンがなければ生まれませんでした。

技術流出よりも友好関係を選んだイギリス労働党政権

 1947(昭和22)年の12月30日。旧ソ連(現ロシア)が開発した戦闘機MiG-15が初飛行しました。

 MiG-15は、ミグ設計局が第2次世界大戦後に開発したジェット戦闘機で、ポーランドやチェコスロバキア、中国などでも製造されたため、総生産機数は1万5000機以上にもなる傑作機ですが、基本となった技術は、ドイツとイギリスで生まれたものでした。

 第2次世界大戦でドイツの首都ベルリンまで進撃し、最終的に勝者となったソ連は、ドイツから大量の先端航空技術や各種実験データを自国に持ち帰り、さらにはドイツ人研究者や技術者らも連れ帰ります。それらの技術やデータを活用することで、優れた軍用機を開発できる素地を、短期間で作り上げたのです。

 このとき、ドイツから手に入れた後退翼の研究資料を基にMiG-15の機体は設計されました。

Large 211228 mig15 01

拡大画像

朝鮮戦争後の1953年9月、韓国へ亡命してきた北朝鮮軍のMiG-15戦闘機(画像:アメリカ空軍)。

 ただ、ネックになったのがジェットエンジンです。こちらについては国内開発がどうしてもできなかったことから、急きょイギリスからロールスロイス製エンジンを調達することにしました。

 当初、イギリスは技術流出を危ぶんだものの、ときの労働党政権がソ連との友好関係を改善する方向にシフトしていたことが幸いします。最終的にロールスロイス製エンジンの輸出が許可されたことで、ソ連は最新ジェットエンジンを約40基手に入れることに成功、これをコピー生産することでジェット戦闘機を完成させました。

【コックピットも】アメリカ兵が警備する亡命MiG-15戦闘機

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

2件のコメント

  1. ドイツから戦利品として強奪したジェットエンジンは、繊細なうえに30時間程度の運用でオーバーホールする必要があり(このエンジンを短期間で交換するシステムは現代に至るまでドイツ-ソビエト-ロシアの戦闘機用ジェットエンジンの特徴ともなっている)技術立国ドイツだから運用できたような代物だったうえにソビエト国産のジェットエンジンでは出力が足りず実用できなかったところにイギリスからイギリス国産のジェットエンジンを入手するにいたってようやく実用ジェット戦闘機が完成したという説もあるくらいに、Mig-15は、ドイツとイギリスの技術をソビエトで結合した戦闘機ですね。
    しかし、アメリカ軍が搭乗員亡命により入手したMig-15をすぐに操縦できるようにアメリカ軍パイロットを訓練できたのも凄いですよね。自軍でF-86が運用されていたとしても発進に至る各種のシーケンスを実行して離陸に至るまででも大変でしょうに、その後飛行できるようになるまでも相当な時間が必要だろうにと思うと、それを短期間でやりあげたのは凄い。

  2. >>労働党政権がソ連との友好関係を改善する方向にシフトしていた

    戦後も労働党政権時には、冷戦下での軍備削減したりと労働党政権後に多大な負担を強いる政策を実施してるよね。