堅調! エアバス、 コロナ禍2021年も「納入数目標達成」 活用された「斬新な納入法」

ベストセラー機のA320ファミリー、依然強い!

単通路機の納入が支える

 ヨーロッパの航空機メーカ-、エアバスは、2021年度民間航空機部門納入数の目標を達成したと、現地時間2022年1月10日(火)に発表。同社民間機の納入機数は、新型コロナウイルス感染拡大直前、過去最高を記録した2019年度の863機にはまだ及ばないものの、2020年度より約8%増、機数にして45機プラスとなる611機で、納入された航空会社は88社にも上ります。

Large 01

拡大画像

エアバスの旅客機(画像:エアバス)。

 一方、アメリカ・ボーイングの民間航空機部門における2021年納入実績速報値は340機。つまり、エアバスの2021年納入実績は、ライバルに一層差をつけるものだったといえるでしょう。

 エアバスにおけるモデル別の納入内訳は以下の通り。おもに客室の通路が一本で、比較的コンパクトな機体サイズの「単通路機」が、昨年度とくらべ一層好調な納入状況であったことがわかります。

・A220(単通路機)ファミリー:50機(昨年度より12機増)
・A320(単通路機)ファミリー:483機(昨年度より37機増)
・A330(複通路機)ファミリー:18機(昨年度より1機減)
・A350(複通路機)ファミリー:55機(昨年度より4機減)
・A380(総2階建て複通路機):5機(昨年度より1機増。2021年度で生産終了)

※ ※ ※

 また2021年度の納入の約25%は、2020年度に引き続き、コロナ禍で生まれた新しい旅客機の引き渡し方法「e-デリバリー」方式で実施されたといいます。

表で見ると歴然! 2021年度機種&地域別納入実績など

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント