アメリカ本土の旧軍「九七式軽装甲車」雨ざらしのボロボロ状態から丹念に修復中

屋外展示が長かったのでかなり傷んでいたそう。

復元続く米陸軍所有の“旧軍戦車”

 アメリカにある「U.S.Army Armor & Cavalry Collection(アメリカ陸軍装甲騎兵コレクション)」は2022年1月12日(水)、公式TWITTER(ツイッター)において、修復中の九七式軽装甲車の作業状況を公開しました。

Large 220112 type97 01

拡大画像

ジョージア州のフォート・べニング陸軍基地の一角でレストア中の九七式軽装甲車(画像:アメリカ陸軍装甲騎兵コレクション)。

 この車両は第2次世界大戦終結後にアメリカ本土へ移送され、戦後は長らくカリフォルニア州において屋外展示されていたそう。その間、さまざまな部品が盗まれ、なおかつ雨ざらしの状態だったため、車両はかなりのダメージを受けた状態だったといいます。

 説明によると、このあと新たに造られた施設に収容し、修復作業は続けられるとのことです。

 九七式軽装甲車は重量約5t、全長3.7m、全幅1.9m、履帯(キャタピラ)駆動の2人乗り小型装甲車両で、7.7mm機関銃または37mm戦車砲を1基備えていました。総生産数は約600両で、2021年現在、ロシアやオーストラリア、オランダなどで保存展示されています。

【了】

【写真】同じくアメリカでレストア中の旧軍九五式軽戦車ほか

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント