ついに「8両編成」運転開始 東京メトロ南北線/東急目黒線/埼玉高速線 まず1編成

8両編成はまず東急車から!

東京メトロ南北線系統、待望の8両編成

 東京メトロ、東急、埼玉高速鉄道は2022年1月27日(木)、東京メトロ南北線を中心とした運転系統で8両編成の列車を4月上旬から運転すると発表しました。

Large 220127 namboku 01

拡大画像

8両編成1本が投入される東急の3020系電車(画像:東急)。

 相互直通運転を行っている埼玉高速鉄道線、東京メトロ南北線、東急目黒線は現在すべて6両編成での運転ですが、新たに8両1編成を投入します。これは東急所属の新型車両3020系電車です。また、各駅のホームも8両に対応します。

 東急によると、8両編成化により1列車あたりのあたりの定員数は、6両の約890人から約1190人に増えるそうです。

 今後は各社とも、8両編成を順次増やします。東急は、2023年3月に開通し運転系統に組み込まれる東急「新横浜線」の開業までに、目黒線系統の全26編成をすべて8両にするとしています。

【了】

【停車位置は変わる?】8両化により変わる各駅ホーム 画像で見る

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

3件のコメント

  1. 三田線はまだですか

  2. 埼玉高速鉄道線、東京メトロ南北線、都営三田線、東急目黒線は元々、車両もホームも8両編成前提となっていたが、奥沢駅が6両までしか対応していなかったので6両編成だったが、2023年3月19日の相鉄線との直通運転開始に伴って、奥沢駅のホームを8両編成対応化工事を行なった。

  3. 目黒線の記事なら文句いいませんが、なぜ三田線の記事で?

    もともと、南北線も三田線も埼玉高速鉄道線も8両です。

    目黒線のホームが6両しか停められないので、直通運転時に8両から6両に減らされただけ。

    目黒線を利用しない利用者が圧倒的多数である都心利用者は、不便で仕方なかった。
    代官山駅のように、停められるようになる迄、一部のドアを開閉しなければ良いだけだった。