特急「やくも」が国鉄色にリバイバル 運行50年を迎え 対象号数は?

しかし令和の時代までよくぞ残ったなぁ……。

2024年からは置き換え開始

Large 220209 sayon 01

拡大画像

特急「やくも」に使われる国鉄色の381系電車(画像:JR西日本)。

 JR西日本は2022年3月19日(土)から、岡山~出雲市間で運行する特急「やくも」の381系電車1編成(6両)を、国鉄色にリバイバルします。

 対象は「やくも8・9・24・25号」。「やくも」は3月、伯備線で運行を開始してから50年を迎えます。381系は1982(昭和57)年から使われています。

 2024年春からは、新型273系電車が運行を開始し、順に381系を置き換えていきます。投入車両数は44両(4両×11編成)です。新たに開発・実用化した、国内初となる「車上型の制御付自然振り子方式」により、乗り心地の向上が図られます。これは、車上の曲線データと走行地点のデータを連続して照合し、適切なタイミングで車体を傾斜させる機構です。

 ほかにも防犯カメラや全席へのコンセント設置など、新時代のニーズにあった設備が盛り込まれます。

【了】

【写真】イエロー&グリーン帯の381系、ほか

最新記事

コメント