ヘッドマーク実物オークションへ JR川越・八高線209系に掲出 ありがとう/惜別の2種類

さぁ、おいくらになるか!?

イベント開催時に使用

Large 220228 jrhm 01

拡大画像

川越・八高線の209系電車(画像:JR東日本)。

 JR東日本 大宮支社が2022年3月3日(木)午前10時から6日(日)22時まで、ウェブサイト「JRE MALL」にてオークション形式で、電車のヘッドマークを販売します。

 販売されるのは、川越・八高線の209系電車に掲出された実物2種類です。1月に開催された川越車両センターのイベント「ありがとう! 川越・八高線で愛されてきた209系3100代」で使われました。

 落札後の引渡しは郵送か対面。対面の場合はJR大宮駅(埼玉県さいたま市)周辺です。JR東日本は「川越・八高線沿線の風景と沿線で走る姿をイメージしたヘッドマークを、209系3100代の思い出としてご自宅でお楽しみください」としています。

【了】

【写真】販売されるヘッドマーク2種類

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント