ウクライナ支援の第2便 空自の最新鋭国産輸送機C-2とは 詳細不明の“ニンジャ姉妹機”も

ウクライナ支援のため航空自衛隊のC-2輸送機がポーランド目指して飛び立ちました。同機は川崎重工が製造する国産の大型機です。どんな機体なのか探ったら、性能などが明かされていない「謎機」までありました。

アフガニスタンやオーストラリアにも飛行

 2022年3月10日、航空自衛隊のC-2輸送機が日本からウクライナへの支援物資を搭載して鳥取県の美保基地からポーランドに向け飛び立ちました。

 この輸送は、先発してポーランドに向かったKC-767空中給油・輸送機に続くウクライナ支援の第2便といえるものでしたが、この種の任務に日本が独自開発した大型機が用いられるのは初めてです。

 C-2は2016(平成28)年から実運用が開始された最新の輸送機です。いまや航空自衛隊の輸送機部隊において中心的存在となった同機、どのような機体なのか見てみます。

Large 220314 c2 01

拡大画像

一気に加速して離陸するC-2輸送機。大柄な機体だが、強力なエンジンを積んでいることから余裕ある離陸を見せてくれる(武若雅哉撮影)。

 C-2は防衛省技術研究本部(現防衛装備庁)と川崎重工が開発した国産の輸送機です。旧式化した国産のC-1輸送機の後継として登場しました。そのため、巡航速度はC-1より約240km/hも速い約890km/h。機内積載量もC-1から約24tも増え約36tになるなど、大幅にパワーアップされているのが特徴です。

 こうした性能の向上は、今後増えていくと考えられているPKOを始めとした国際貢献活動や離島防衛などを見据えたものです。この性能は、すでにいかんなく発揮されており、近年では、2021年のアフガニスタン政変においては在外邦人輸送のために現地へ派遣されたほか、翌2022年初頭には海底火山の噴火で被災したトンガへ供給する緊急支援物資をオーストラリアまで空輸しています。

テーマ特集「ロシア軍のウクライナ侵攻 最新情勢 戦争はどうなっているのか」へ

【事故? いえ訓練です】機体後部から次々と人&貨物を投下するC-2の姿ほか

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 改造すれば爆撃機にもなれるのかな❓